THEY WERE MY LANDSCAPE by Phoebe Kiely

イギリス人フォトグラファー、フィービー・カイリー(Phoebe Kiely)の作品集。個人的かつ特定のできないような場所の断片を写し取った写真で構成されており、イギリス・マンチェスターを拠点とする作者が地元やその地域に住む人々を自分の欲求の向くままに撮影、編纂し、退屈な風景や道行く人への好奇心を描き出している。作者は町の建築物の割れたコンクリートや路上でぺしゃんこになった鳩の羽根にも、バス停でタバコを吸っている若い男性や小さい子供を抱いて歩く女性にも同じ目線を向けている。日常にありふれているものや出来事の儚さが反響し、つかみどころのないこのモノクロ写真のシークエンスがポートレイトと静物とストリートシーンとの間を揺れ動いているようである。日々移ろい変化して行くであろうこの作品シリーズに取り組み続ける中で、作者は自身の感覚を探しているのである。

They were my landscape by Phoebe Kiely builds a fragmented picture of a place that is at once personal and anonymous. Based in Manchester, Kiely compulsively catalogues her urban and suburban surroundings, drawing attention to prosaic spectacles and passers-by. In her book, the cracked concrete of vernacular architecture, or the flattened feathers of a pigeon lying on a road are granted the same scrutiny as a young man smoking at a bus stop, or a walking mother carrying her young child. Echoing the fragility of everyday life, Kiely’s elusive sequence of black-and-white photographs vacillates between portraits, objects and street scenes. Within this mutable body of ongoing work, she attempts to find a sense of self.

by Phoebe Kiely

REGULAR PRICE ¥5,550

softcover
98 pages
227 x 287 mm
black and white
2018

published by MACK