THE SHAPE OF THINGS by David Hare

アメリカ人アーティスト、デヴィッド・ヘアー(David Hare)の作品集。

デヴィッド・ヘアーの場合、魔法は彫刻の未来となり、それは人間が常に彼自身の先をいっていることを示唆する方法であり、同時に世界は数学的な意味で完全に与えられたものであると同時に、完全に作られるべきものでもある

これは、ジャン=ポール・サルトル(Jean-Paul Sartre)が、20世紀の創造的な動きの真っ只中に生き、愛した芸術家について書いた長いエッセイの一節である。本作『The Shape of Things』では、著名な芸術家たちの影響を受けながらも、それとは一線を画した独自の芸術活動を行った作者の絵画と彫刻を紹介する。

作者は、1917年にニューヨークの美術界に生まれた。母親はコレクターで、両親揃ってコンスタンティン・ブランクーシ(Constantin Brâncuși)、ウォルト・クーン(Walt Kuhn)、マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp)などのアーティストと交流があった。生涯を通じて、アンドレ・ブルトン(André Breton)、イヴ・タンギー(Yves Tanguy)、アレキサンダー・カルダー(Alexander Calder)といった傑出した人物と出会い、共同制作を行ってきた。その印象的で無骨な顔立ちの作者は、当時の男性の創造的な理想像を体現していた。当初は実験的な写真を撮り、写真スタジオを経営してたが、その後、二次元、三次元の作品を制作するようになる。本作では、紙、キャンバス、彫刻などの作品約40点を収録。繊細な遊び心あるグラフィック表現によって、作品は独自の言語で語ることができる。何十年にもわたって様々なメディアで制作されてきた作品の間に、形式的なつながりが生まれている。また、まるで写真家がモチーフを見たように、素材そのものがむき出しになっている。我々は、作者が生涯を通じて関わったテーマやモチーフについても知ることができる。

生前の活躍により、作品はメトロポリタン美術館(ニューヨーク)、ハーシュホーン博物館と彫刻の庭(ワシントンD.C.)をはじめとする数多くの美術館に収蔵されている。ニューヨークのペギー グッゲンハイム美術館やロンドンのヘイワード・ギャラリーで何度も展示され、ヒューストン現代美術館ではエド・ルシェ(Ed Ruscha)やアグネス・マーティン(Agnes Martin)と並んで3人展を開催したアーティストが、今日これほどまでに知られていないというのはにわかに信じがたい。今回の出版は、作者の作品を再び世に問うものと言える。

With David Hare, magic becomes the hereafter of sculpture, it is a manner of suggesting that man is always ahead of himself and that the world is, at the same time, completely given, in the mathematical sense of the world, and completely to be made.


This is just one line of a lengthy essay Jean-Paul Sartre wrote on an artist who lived and loved in the midst of the formative creative movements of the 20th century. The Shape of Things introduces the painting and sculpture of Hare, an artist who followed a unique artistic career, influenced by, but distinct from, his renowned peers.

David Hare was born into the art world in New York in 1917; his mother was a collector and his parents associated with artists including Constantin Brâncuși, Walt Kuhn and Marcel Duchamp. Throughout his life he encountered and collaborated with extraordinary figures such as André Breton, Yves Tanguy and Alexander Calder – and with his striking, gaunt features he epitomised the era’s male creative ideal. After an initial foray into experimental photography and running a photography studio, Hare developed an oeuvre in two and three dimensions. The Shape of Things shows a selection of some forty works, on paper, canvas and in sculpture. A subtly playful graphic presentation allows the works to speak on their own terms: formal connections are generated between works across decades and various media. The materials themselves are laid bare, as seen by the photographers. We learn too of subjects and motifs that engaged Hare throughout his life.

Thanks to success during his lifetime, David Hare works belong to the collections of the Metropolitan Museum, New York, the Hirshhorn Museum and Sculpture Garden, Washington D.C. and numerous other esteemed institutions. It is scarcely to be believed that an artist who exhibited multiple times at the Peggy Guggenheim Gallery in New York, at the Hayward in London or, for example, featured in a three-hander show at the Contemporary Arts Museum Houston alongside Ed Ruscha and Agnes Martin, is so little known today. This publication returns Hare’s work once more to the public eye.

by David Hare

REGULAR PRICE ¥6,600  (tax incl.)

softcover
56 pages
230 x 305 mm
color, black and white
2021

published by KODOJI PRESS