THE QUESTION OF HOPE by Robert Adams

アメリカ人フォトグラファー、ロバート・アダムス(Robert Adams)の作品集。本書は、環境危機の緊急性をとりわけ提示しており、前半はその危険性の一つとして森林破壊をテーマとして戦場を示唆するようなイメージを掲載。後半には海面の光をテーマに、一見前半の内容と切り離されているようだが、イギリス人文学者であるサミュエル・ジョンソン(Samuel Johnson)がかつて提唱した「真実の不変性」を孕む。つまり、もはや避けては通れない厳しい現実と、永遠に続く神秘的な安らぎとの間にはっきりと見える均衡を前半と後半のコンビネーションで見せている。我々が管理できなかったものと美しさによって暗示された兆候、その両面を研究すべく作者は自身が住むオレゴン州の海岸周辺を長年にわたり撮影してきた。この作品にこれほどの強度をもたらすのは、作者の地元への思いである。本書はポートランド美術館の協力により刊行。作者自身による文章と、ポーランド美術館写真部門のマイナー・ホワイト(Minor White)担当キュレーター、ジュリア・ドラン(Julia Dolan)によるエッセイが収録されている。

The question of hope is especially urgent because of environmental threats. One such peril, deforestation, is the subject of the first half of this book, where pictures of it suggest a war zone. The subject of the second half of the book, light on the sea, might initially seem disconnected from the first, but in combination they have about them what Samuel Johnson once called “the stability of truth,” in this case a recognizable balance of harsh facts and dateless, mysterious consolation. Robert Adams has studied both elements – our failed stewardship and the promise implied by beauty – across much of the American West. He has over the years also photographed them near where he lives on the Oregon coast, and it is this local caring that gives The Question of Hope much of its intensity. Published in association with the Portland Art Museum.

by Robert Adams

REGULAR PRICE ¥3,300

hardcover
56 pages
216 x 241 mm
black and white
limited edition of 1000 copies
2013

published by NAZRAELI PRESS