THE POWER BOOK by Jacqueline Hassink

オランダ生まれのジャクリーン・ハースィンク(Jacqueline Hassink)はニューヨークを拠点に活動するコンセプチュアルアーティストであり、もともとは彫刻家として学びを受けた。彼女は1993年、グローバリゼーションと経済的権力というテーマを入念かつ正確に扱う連続的な写真シリーズを始めた年に初めてカメラを手にした。本書はジャクリーンの作品をまとめた最初の本であり、アメリカ・ヨーロッパ・中東、そして日本で撮られた彼女の最も素晴らしい作品を収めている。また、年代別に編集された本書には、彼女のノートから選定された144枚も収録されており、彼女を夢中にさせるもの、そして制作へのアプローチを明らかにする。さらに、本書にはEls Barents(キュレーター、作家、アムステルダムのハウステンボス・マルセイユ写真美術館のディレクター)とFrits Giertsberg(オランダ・フォトミュージアムの展覧会責任者、エラスムス・ロッテルダム大学で写真を教える教授)による作者の作品についての対談が収録されている。

Jacqueline Hassink is a Dutch-born, New York-based conceptual artist who originally trained as a sculptor. She first picked up a camera in 1993, beginning a succession of photographic series dealing methodically and precisely with themes of globalisation and economic power. The Power Book is the first survey of Jacqueline’s work, and includes the best of her photographs from America, Europe, the Middle East and Japan, presented chronologically and accompanied by a selection of 144 pages of her notebooks, revealing her preoccupations and working approach. The book is introduced with a discussion of Hassink’s work by Els Barents (curator, writer and director of photography museum Huis Marseille in Amsterdam) and Frits Giertsberg (head of exhibitions at Nederlands Fotomuseum and professor of photography at Erasmus University, Rotterdam).

by Jacqueline Hassink

REGULAR PRICE ¥4,200
国内送料無料 / Free international shipping over 50,000 yen.

hardcover
306 pages
347 x 270 mm
color
2007 

published by AMC (ARCHIVE OF MODERN CONFLICT)