THE OTHER ARCHITECT by Giovanna Borasi

伝統的な設計の方法に縛られることなく自分の考えを表現するために、建築家はどのようなアプローチを創作・借用してきたのかをテーマに、1960年代から今日までの事例を考察した作品集。それぞれの時代の緊急の課題の探求と理解のために建築家たちが用いた実験の場、手法、ツールに関する資料が注釈付きで紹介されている。カンファレンス、書籍、大学の美術スタジオなど伝統的な形式を即興的に作ることから始まり、予想外の展開に発展していくケースも多くみられる。「学校とオフィスの中間施設」を作ったIAUS(The Institute for Architecture and Urban Studies)や、リサーチコンソーシアムのILAUD(The International Laboratory of Architecture and Urban Design)、流動的なネットワークDelos Symposiaなどはじめとする研究機関やその他一時的に設立されたプラットフォームなどのアーカイブから事例を多数収録し、建築家たちが確立された形式に干渉されずに文化のアジェンダをどうやって構築しているのかを明らかにする。本書は2015年10月27日から2016年4月3日にモントリオールのカナダ建築センター(CCA)で開催された展覧会「The Other Architect」に伴い刊行、編集を、イタリア人建築家であり同センターディレクターのジョヴァンナ・ボラシ(Giovanna Borasi)が手がける。

What kinds of approaches do architects invent and appropriate to reflect on their ideas outside of traditional design practices? Considering case studies from the 1960s to today, this annotated collection of primary documents presents evidence of experimental venues, methods, and tools that architects have used to research and shape the urgent issues of their time. Many of these begin as improvisations on traditional forms like conferences, books, and university studios before developing in unexpected directions; examples come from the archives of research-based organizations like IAUS (The Institute for Architecture and Urban Studies) who created a »halfway house between school and office«, research consortia like ILAUD (The International Laboratory of Architecture and Urban Design), the floating Delos Symposia, and other temporary platforms. Together, they reveal how architects can construct a cultural agenda without the intervention of built form. A book complementing the exhibition ”The Other Architect” at the Canadian Centre for Architecture, Montreal, 27 October 2015 – 3 April 2016.

by Giovanna Borasi

REGULAR PRICE ¥6,200

softcover
350 pages
240 x 310 mm    
color, black and white
2015

published by SPECTOR BOOKS