THE OBJECT OF ZIONISM: THE ARCHITECTURE OF ISRAEL by Zvi Efrat

イスラエル人建築家、建築史家のツヴィ・エフラット(Zvi Efrat)の作品集。20世紀初頭から1960~70年代までのイスラエルで見られたシオニズム(※註)に基づく空間計画と建築構成についての批判的な研究をまとめた一冊。規模と成長率において他に類を見ないモダニストのプロジェクトとしてイスラエルを捉え、その政治的、倫理的状況、過剰なまでに行われた空間と構造の実験について精査している。国家の活力と文化的独創性を示すことを目的としたこのプロジェクトは、戦後の建築のトレンド、中でもブルータリズムと構造主義を応用して、新しい領土を造成し、何十もの新しい街を作り、何百もの新しい田園地帯を開拓した。一般に信じられていることとは逆に、イスラエルは緊急事態の対策や投機的な事業ではなく、むしろ理想的な国家を瞬時に設計するという目的から生まれたのである。

※註 イスラエルの地(パレスチナ)にユダヤ人の民族的拠点を再建、樹立することを目指したユダヤ人の運動。シオン運動、シオン主義ともいう。「シオン」はパレスチナの古名であり、エルサレムの「シオンの丘」を指す。

The Object of Zionism: The Architecture of Israel is a critical study of Zionist spatial planning and the architectural fabrication of the State of Israel from the early decades of the twentieth century to the 1960s and 1970s. It scrutinizes Israel as a singular modernist project—unprecedented in its relative scope and rates of growth, its political and ethical circumstances, and its hyper-production of spatial and structural experiments. This project entailed the molding of a new terrain, the construction of dozens of new towns and hundreds of new rural settlements, and the appropriation of post-war architectural trends, especially Brutalism and Structuralism, as signifiers of national vigour and cultural ingenuity. Contrary to common belief, the State of Israel was not born of emergency routine or speculative ventures, but rather with the objective of designing an instantaneous model state.

by Zvi Efrat

REGULAR PRICE ¥9,800

hardcover
1000 pages
175 x 245 mm    
color, black and white
2018

published by SPECTOR BOOKS