THE MOVEMENT OF CLOUDS AROUND MOUNT FUJI - PHOTOGRAPHED AND FILMED BY MASANAO ABE by Helmut Völter

ドイツ人アーティスト、ヘルムート・ヴォルテール(Helmut Völter)の作品集。1920年代後半に日本人自然科学者、阿部正直は富士山を臨む観測所を創立し、それから15年に渡って富士山の周りの雲を記録し続けた。その興味の矛先は、どのようにすれば富士山の周囲の空気の流れを映像と写真によって視覚化できるかという科学的な問いに向いていた。意図していなかったとはいえ、阿部のモチーフは伝統的な絵画のテーマである「山と雲」にぴったりとはまっている。何十年間もの間、阿部ののアーカイブは東京の庭の物置にしまい込まれたままになっていた。作者は自らの写真集『Cloud Studies』の制作中に阿部の遺産を発見した。阿部の遺したイメージをつぶさに調べて行く中で、作者は大の映画ファンだった阿部が個々のイメージ、動画、ステレオ録音の組み合わせこそ科学的証拠の理想的なかたちだと考えていたことを理解した。雪に覆われた富士山を中心に、絶えず変化する雲を捉えたダイナミックな写真を見つめていると、雲の上に登っていくような気持ちになるだろう。

In the late 1920s, the Japanese physicist Masanao Abe built an observatory with a view of Mount Fuji. From it, over the course of fifteen years, he recorded the clouds that surrounded the mountain. He was interested in the scientific question of how the air currents around Fuji could be visualized by means of film and photography. Albeit unintentionally, Abe’s motifs fit into a long iconographic tradition: the mountain and the clouds. For decades his archive was left untouched in a Tokyo garden shed. Helmut Völter, who discovered Abe’s legacy while working on his book “Cloud Studies”, sifted through the images of the passionate cineaste who saw a combination of individual images, moving pictures and stereo recordings as the ideal form of scientific evidence. The mere contemplation of these dynamic cloud photographs centring on snow-covered Fuji seems to lift the viewer into the air.

by Helmut Völter , Masanao Abe

REGULAR PRICE ¥8,000

softcover
376 pages
240 x 340 mm    
color, black and white
2016

published by SPECTOR BOOKS