THE MODERN ARCHITECTURE OF CADAQUÉS: 1955–71

スペインのコスタ・ブラバ海岸の小さな漁村カダケスは、ダリ、ピカソ、ミロ、デュシャンをはじめとする20世紀の最も偉大な芸術家たちが夏になると訪れたり、居を構えた場所だった。コルビュジエ初期のスタイルとバーナード・ルドフスキー(Bernard Rudofsky)やホセ・ルイ・セルト(Josep Lluís Sert)らが提唱した地中海建築の概念に触発された若き建築家の一群は、この村で新しい地中海の家を提案した。フェデリコ・コレア(Federico Correa,)、アルフォンソ・ミラ(Alfonso Mila)、ホセ・アントニオ・コデルク(Jose Antonio Coderch)、フランシスコ・フアン・バルバ・コルシーニ(Francesco Joan Barba Corsini)、ピーター・ハーデン(Peter Harnden)、ランフランコ・ボンベリ(Lanfranco Bombelli)、オスカー・トゥスケ(Oscar Tusquets)、ルイス・クロテット(Lluís Clotet)らが設計した22軒の家と、カダケス独特の建築様式と環境を当時の写真で紹介する。編集は、『Apartamento』の共同創設者であり写真家、出版者、クリエイティブディレクターのナチョ・アレグレ(Nacho Alegre)。オスカー・トゥスケによる前書きも収録。上記の建築家たちの友情やお互いに与えた影響、そこからどのような建築が生まれたか感じとれる1冊。

Inspired by the early style of Corbusier and ideas on Mediterranean architecture espoused by the likes of Bernard Rudofsky and Josep Lluís Sert, a younger generation of architects found the perfect conditions to explore the future of the Mediterranean house in Cadaqués—a small fishing village on the Spanish Costa Brava that was also home, or the summer meeting ground, for some of the past century’s greatest artistic figures, including Dalí, Picasso, Miró, and Duchamp. In this new book, photos from the period show the distinctive style and environment of Cadaqués and 22 homes designed by Federico Correa, Alfonso Milà, José Antonio Coderch, Francesco Joan Barba Corsini, Peter Harnden, Lanfranco Bombelli, Oscar Tusquets, and Lluís Clotet. Edited by Nacho Alegre, it features an introduction by Oscar Tusquets and also tells of the friendships and influences that existed between this group of architects, and how their architecture came to be.

by Nacho Alegre

REGULAR PRICE ¥8,360  (tax incl.)

hardcover
246 pages
240 x 285 mm
black and white
2020

published by APARTAMENTO