THE LAST HURRAH by Dafydd Jones

イギリス人フォトグラファー、ダフィド・ジョーンンズ(Dafydd Jones)の作品集。1981年に『Bright Young Things』という作品シリーズがサンデータイムズマガジンの写真コンテストで賞を獲得した後、上流階級のバイブルであるタトラー誌と契約。イギリスのアッパークラスの人々が顔を並べるハンティングクラブ「Hunt Balls」主催の会や名家の結婚式、社交界デビューの舞踏会などの撮影を1989年まで続けた。

私はあたかも秘密の世界のような、閉じられた扉の向こう側に自由に行くことができました。貴族階級については数多くの小説やドラマが作られてきましたが、私よりも前にこの主題に取り組んだ写真家はいなかったと思います。その頃、上流階級にも変化が起きていました。ある人はこの本を評して、アッパークラスの有終の美( last hurrah)だと言いました。」― ダフィド・ジョーンンズ

本作は、2018年8月から9月にフォトグラファーズ・ギャラリー(ロンドンの)内のプリントセールスギャラリーで開催された展覧会に伴い刊行された。

After winning a prize in a photography competition run by The Sunday Times magazine in 1981 with a set of pictures of the ‘Bright Young Things’, British photographer Dafydd Jones was hired by, bible of the upper crust, Tatler magazine to photograph the Hunt Balls, society weddings and debutante dances of the British upper class season, and would continue to do so until 1989.

I had access to what felt like a secret world. It was a subject that had been written about and dramatised but I don’t think any photographers had ever tackled before. There was a change going on. Someone described it as a ‘last hurrah’ of the upper classes.” - Dafydd Jones

This publication will be released to coincide with an exhibition at the Print Sales Gallery at the Photographers' Gallery in London from 3rd August to 8th September 2018.

by Dafydd Jones

REGULAR PRICE ¥1,800

tabloid paper
24 pages
360 x 290 mm
black and white
2018

published by STANLEY/BARKER