THE JOURNEY OF THINGS by Magdalene Odundo

ケニヤ生まれのイギリス人陶芸家、マグダレン・オドゥンド(Magdalene Odundo)の作品集。本書は、2019年春にイギリスの西ヨークシャー州にある美術館ヘップワース・ウェイクフィールド(Hepworth Wakefield)で開催された展覧会「The Journey of Things」に伴い刊行された展覧会図録。44点に及ぶ作品に加え、博物館学的に重要な品々や現代作家の作品を幅広く収録し、作者の制作活動が世界中から得た様々なインスピレーションによって支えられていることを示している。本自体が作品となる「ブックオブジェ」である本書は、歴史的なものと現代のものとを対で並列的にレイアウトし、有機的な繋がりや流れで内容をより分かりやすく見せるためにセクションを交互に綴じ込んでいる。作者の制作物と共に、バーバラ・ヘップワース(Barbara Hepworth)、ヘンリー・ムーア(Henry Moore)、アンリ・ゴーディエ=ブルゼスカ(Henri Gaudier-Brzeska)、ルーシー・リー(Lucie Rie)、ジャン・アルプ(Jean Arp)といったアーティストの作品、古代ギリシャや古代エジプトの遺物、アフリカ、アジア、中央アメリカの歴史的な陶器、そしてアフリカ全土から集められた様々な儀式用品が収録されている。

The Journey of Things by Magdalene Odundo has been published alongside the exhibition of the same name presented at The Hepworth Wakefield in Spring 2019. The book features 44 of Odundo’s vessels alongside a large selection of museological and contemporary objects that reveal the wide range of global references that have informed her practice. The book object comprises a series of interleaved sections presenting an organic flow of content which pairs and juxtaposes the historic and the contemporary, featuring works by Barbara Hepworth, Henry Moore, Henri Gaudier-Brzeska, Lucie Rie, Jean Arp, as well as ancient vessels from Greece and Egypt, historic ceramics from Africa, Asia and Central America, and ritual objects from across the African continent.

by Magdalene Odundo

REGULAR PRICE ¥5,200

softcover
184 pages
180 x 240 mm
color, black and white
limited edition of 2,000 copies
2019

published by IN OTHER WORDS