THE AVANT-GARDE MUSEUM

前衛芸術(AVANT-GARDE)が芸術としての地位を確立する過程において最初に作られた美術館についての研究をまとめた1冊。さらにこうした活動の社会・政治的側面や、今日の美術館にも役立つ可能性がある知的・実用的知見を分析する。

本書が刊行された2021年現在、世界的大流行が起きている新型コロナウイルス感染症の危機の中で美術館と来場者との間の新たなコミュニケーションが模索されているが、本書は、批評を含む芸術的な、また教育的かつ社会的目的を果たす近代美術館のアイデアが、前衛芸術家たちによって形作られてきたことを思い起こさせる。

The Avant-garde Museum」プロジェクトは、前衛芸術作家と美術館の関係について我々が抱いている見方を見直すべきだという確信に基づいている。一般的には、前衛芸術と美術館は敵対関係にあり、両者の出会いは美術館の破壊、あるいはアヴァンギャルドの弱体化のいずれかで終わると言われている。この根強い考え方は、1970年代に出版され、今なお研究者や一般的な見方に多大な影響を及ぼしているペーター・ビュルガー(Peter Bürger)の「Theorie der Avantgarde(邦題:アヴァンギャルドの理論)」が基となっている。この物語に並ぶものとして、美術館を前衛芸術の目的を達成するためのツールだと信じ、自分たちの美術館を確立しようとしたアーティストたちを主人公としたもう一つの物語が存在する。こうしたアーティストたちが最も急進的なアヴァンギャルドの流派に関わっていたことは非常に興味深い。ビュルガーによると、芸術の制度(ひいては芸術団体)の解体を目指して最後まで戦い続けたのは彼らだという。カジミール・マレーヴィチ(Kazimir Malevich)、アレクサンドル・ロトチェンコ(Alexander Rodchenko)、エル・リシツキー(El Lissitzky)、ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキー(Władysław Strzemiński)、キャサリン・ドライヤー(Katherine Dreier)、マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp)などもこれに含まれる。彼らの美術館学的な成果を研究することは、芸術機関としての美術館の将来についての議論を促進するにちがいない。

このプロジェクトは、ソビエト革命後のロシアで興った「Museums of Artistic Culture」、1920年にニューヨークで発足した「Société Anonyme」、エル・リシスキーが1926年にハノーヴァーで設立した「Kabinett der Abstrakten」、1931年にポーランドの都市ウッチで前衛派のアーティストや詩人たちが集まって立ち上げた the a.r. group の「International Collection of Modern Art」など、前衛アーティストが主導して設立した美術館やそれに準ずる組織の比較対照を一つの目的としている。

「Museums of Artistic Culture」のコンセプトと活動に光を当てたマーシャ・クレノヴァ(Masha Chlenova / ニュースクール大学)とマリア・ゴフ(Maria Gough / ハーバード大学)らのエッセイ、the a.r. group 結成の歴史とその後の活動、「International Collection of Modern Art」の創設について書いたトーマス・ザウスキ(Tomasz Załuski / ウッチ・スチチェミンスキ美術アカデミー / ウッチ大学)とダニエル・ムジチュク(Daniel Muzyczuk / ウッチ美術館)のエッセイも収録。アメリカ最初の現代美術館設立という野望を掲げたアーティストたちのグループ、「Société Anonyme」に関する文書は、フラウケ・ヨーゼンハンス(Frauke Josenhans / Moody Center for The Arts)、ジェニファー・グロス(Jennifer Gross)、ジュリアン・マイヤーズ(Julian Myers / カリフォルニア芸術大学)、ジョアンナ・シュピンスカ(Joanna Szupińska / カリフォルニア写真美術館)による。さらに、アニエシュカ・ピンデラ(Agnieszka Pindera / Muzeum Sztuki)、サンドラ・レシュケ(Sandra Loschke / シドニー大学)、レベッカ・ウチル(Rebecca Uchill / マサチューセッツ大学)らのエッセイも収録。

本書は、2017年に始まったウッチの「Muzeum Sztuki」チームの研究を、世界各国の前衛芸術の歴史の専門家による国際的なカンファレンスを通じてまとめている。その集大成として、2021年末から2022年にかけてウッチ美術館本館で展覧会が行われる。

編集は、キュレーターのヤロスラフ・スーチャン(Jaroslaw Suchan)とアニエシュカ・ピンデラによる。

The Avant-garde Museum publication investigates the avant-garde’s first museological undertakings in the process of self-institutionalization. It also analyses the social and political dimensions of these practices and possible intellectual and practical benefits that can be derived for today’s museums.

The idea of The Avant-garde Museum project comes from the conviction that we should reevaluate our views on the relationship between avant-garde artists and museum. The prevailing narrative usually juxtaposes the avant-garde and the museum, presenting them as opponents whose encounter can lead to a defeat on one side: either the destruction of the museum or the disarmament of the avant-garde. This enduring narrative was fostered by the publication of Peter Bürger’s Theorie der Avantgarde in the 1970s, whose influence on researchers and public opinion remains powerful. Alongside this narrative, however, we might place another one, developed around artists as protagonists striving to establish their own museological institutions, driven by the conviction that these tools can help them accomplish avant-garde objectives. Most intriguingly, these artists were connected to the most radical avant-garde groups, the same which, according to Bürger, were said to have been the most persistent in their efforts to dismantle the institution of art (and consequently, art institutions). The list includes Kazimir Malevich, Alexander Rodchenko, El Lissitzky, Władysław Strzemiński, Katherine Dreier, and Marcel Duchamp. We are convinced that research into their museological accomplishments will serve to inspire discussion on the future of the museum as an institution.

The project is intended as a comparison of the institutions or para-institutions that were established on the initiative of avant-garde artists like: the Museums of Artistic Culture that emerged in post-revolutionary Soviet Russia, Société Anonyme, founded in New York in 1920, Kabinett der Abstrakten designed by El Lissitzky in Hanover in 1926, and the International Collection of Modern Art created in Łódź in 1931 by the a.r. group, bringing together avant-garde artists and poets.

The Avant-garde Museum includes essays illuminating the concept and activities of the Museums of Artistic Culture by Masha Chlenova (The New School University) and Maria Gough (Harvard University); the history of the formation of the "a.r." group, and its subsequent activities, the creation of the International Collection of Modern Art, which will be covered in the essay by Tomasz Załuski (Strzemiński Academy of Art Łódź, University of Łódź) and Daniel Muzyczuk (Muzeum Sztuki in Łódź). The authors of the texts on Société Anonyme, an association of artists with ambitions to establish the Museum of Modern Art, the first in the United States, are Frauke Josenhans (Moody Center for The Arts), Jennifer Gross, Julian Myers (California College of the Arts) and Joanna Szupińska (California Museum of Photography). The publication also includes essays by such authors as Agnieszka Pindera (Muzeum Sztuki in Łódź), Sandra Loschke (University of Sydney), and Rebecca Uchill (University of Massachusetts).

This publication summarises the research of the Muzeum Sztuki team, which began in 2017, through an international conference that gathered an international group of experts in avantgarde history. It will be crowned with the exhibition to be presented at the institution’s main building in Łódź, at the turn of 2021 and 2022.

REGULAR PRICE $45.00

softcover
624 pages
195 x 250 mm
color, black and white
2021

published by WALTHER KÖNIG