THE ARDBEG by Leo Rubinfien

アメリカ人フォトグラファー、レオ・ルビンファイン (Leo Rubinfien)の作品集。2010年にタカ・イシイギャラリーで開催された展覧会に伴い刊行された。作者本人によるエッセイを収録。(英語、日本語)

以下プレスリリースより抜粋

1953年生まれのルビンファインは現在ニューヨークを拠点に活動し、アメリカを代表する写真家の一人として高い評価を受けており、これまでメトロポリタン美術館(ニューヨーク)、西武アート・フォーラム(東京)、サンフランシスコ近代美術館、コーコラン美術ギャラリー(ワシントンD.C.)にて個展を開催しています。これらの個展で展示された作品は、作品集『A Map of the East』と 『Wounded Cities』として出版されています。『Wounded Cities』掲載作品は2011年の8月から10月まで東京国立近代美術館で開催される氏の個展『Wounded Cities』にて展示予定です。

1980年代前半、ルビンファインは新しいカラー写真表現を追い求める若手アメリカ人写真家のひとりとして注目を集め、シンシナティ美術館にて今年開催された当時の写真を振り返る展覧会、「Starburst: Color Photography in America 1970-1980」においてもその作品が取り上げられています。一方で、ルビンファインの関心は常に国外へ向いており、キャリアの初期から一貫して、彼の様々な活動は世界のグローバル化への新たなアプローチとして発展を遂げてきました。彼は次のように述べています:

私は写真家として人生の大半を国々の間に存在する領域を探索し続けてきた。時折私はこの領域を「ワールド・シティ」(世界都市)と呼んでいる。作品集「 Wounded Cities」の中で私は以下のように綴っている:私はしばし世界都市に住んでいるかのような感覚に浸っていた。様々な国の都市は結束点で、それぞれが見えない糸でつながれている巨大な格子状の空間の中に私達は存在している。航空路線、衛星回線、海底ケーブル、グローバル企業間の株式保有、クレジットやローン、サプライ・チェーン、流行といった個人同士を結び付ける曖昧で無限に広がる結びつき。その集合体の中においては、大都市の端から端までの移動よりも海外へ出ることの方がよほど容易に思えた・・・。世界都市とは自分が現在どこにいるかが特定出来ない空間であり、例えば、ブエノス・アイレス、デュッセルドルフと香港が各自の個性を失い、区別がつかないような場所である。また、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、それぞれの地域が持つイメージが互いのイメージに影響を与え合う空間であると同時に、生まれ育った田舎にはないある種の自由と爽快感を体感することができる場所でもある。そして願望や憧れに満ちているからこそ、そこには美や不安、そして時には恐怖さえもが混在しているのだ。
-グループ展「Not Making it Up」(Packer Collegiate Institute、ニューヨーク、2010年)へ寄せたルビンファインのアーティスト・ステートメントより

近年、カラー写真とともにモノクローム写真の制作に携わっているルビンファインは、プリントに光沢をあたえる繊細な技法を発展させることにより、過去にダイ・トランスファー・プリントで追求された色彩の豊かさや美しさを自身の作品において実現しています。ルビンファインの作品には独特の親密さ、豊かさ、そして国際的な拡がりを感じることができます。

Essay by Leo Rubinfien (English and Japanese)

Official Press Release:

Taka Ishii Gallery is pleased to announce our exhibition of work by Leo Rubinfien. Born in 1953, Rubinfien is an acclaimed American photographer who lives in New York City. He is the author of two critically praised books, A Map of the East and Wounded Cities, from which solo exhibitions have been given at the Metropolitan Museum of Art, New York, the Seibu Art Forum, Tokyo, the San Francisco Museum of Modern Art, and the Corcoran Gallery of Art, Washington. A one-man show of work from Wounded Cities will appear at the National Museum of Modern Art, Tokyo, from August – October, 2011.

Rubinfien became known in the early 1980s as one of the young American photographers working with the new color materials of the period, and his work was featured this year in the Cincinnati Museum of Art’s survey of that period,Starburst: Color Photography in America, 1970-1980. However, his interests were always international, and from the beginning of his career, each of his projects has developed as another approach to the phenomenon of globalization. As he states:

I have spent a lot of my life as a photographer exploring the great zone between countries that I sometimes call the “world city.” In Wounded Cities, I wrote, “It often seemed to me as if I lived in a worldwide city, a vast lattice in which the cities of many countries were nodes, tied to each other with invisible threads — air routes, satellite links, undersea cables, shareholdings, mechanisms of credit, supply chains, crazes, all the obscure, innumerable bonds between individual people. Within that aggregation, it was not much harder to cross the world than to go from one side to another of any great metropolis …” The world city is the place where you are when you cannot tell exactly where you are — the place where Buenos Aires, Dusseldorf and Hong Kong look more like each other than different. It is the place where Asia, Europe, Africa and America continually re-shape each other, each in its own image, and where people often tell me that they feel a freedom and exhilaration they don’t feel in the parochial, backwater towns of their native countries. And because it is full of their aspirations and longings, it is also a place where beauty and anxiety and sometimes even fear are all mixed up together.
– from Rubinfien’s Artist’s Statement for the group exhibition “Not Making it Up,”
Packer Collegiate Institute, New York, 2010

In recent years, Rubinfien has worked in both color and black and white, developing an exquisite technique for varnishing his prints, and giving them the richness and beauty that were once looked for in dye transfer printing. The photographs have an intimacy, a richness and a global sweep that come together in the work of no other contemporary photographer.

by Leo Rubinfien

REGULAR PRICE ¥1,200

accordion book in a slipcase
15 pages
220 x 220 mm
black and white
limited edition of 1,000 copies
2010

SIGNED & NUMBERED BY LEO RUBINFIEN

published by TAKA ISHII GALLERY