SWEET SUN SPEAKING SIMILITUDE by Prinz Gholam

ドイツ人のヴォルフガング・プリンツ(Wolfgang Prinz)とレバノン人のミヒャエル・ゴラム(Michel Gholam)によるアーティストデュオ、プリンツ・ゴラム(Prinz Gholam)の作品集。2001年以降、2人は自己と身体を社会的構築物として扱うパフォーマンス作品を制作している。体の動きによって、我々に意識的、あるいは無意識的に刷り込まれた図像学的認識を明らかにし、それを解体していく。本書はそんな2人の活動を俯瞰するものであり、近年製作してきた自費出版本の精神を引き継ぐ一作。国際美術展「ドクメンタ14」で発表した作品を含む、過去15年に渡り続けてきたパフォーマンスを振り返るシークエンスとしても見ることができる。レバノンに生まれカナダを拠点とするライター、ラウィ・ヘイグ(Rawi Hage)と、カナダ人短編小説家のマドレーヌ・ティエン(Madeleine Thien)が、個人的な視点からドイツ人とレバノン人によるこのアーティストデュオの作品を読み解くエッセイも収録。

Since 2001 Prinz Gholam have been dealing with the self and the body as cultural constructs in their performative work. In the actions they perform together, the two artists succeed in revealing and breaking through the postures of our iconographic heritage that are consciously or unconsciously inscribed in us. Their artistic practice is laid out in this artist’s book―which follows in the spirit of the self-published booklets that Prinz Gholam have printed in recent years. It can be seen in a sequence of images that runs through a selection of performances from the last fifteen years, including the work they did for documenta 14. Writers Rawi Hage and Madeleine Thien also offer a personal take on the work of the German Lebanese artist duo.

by Prinz Gholam

REGULAR PRICE ¥3,800

softcover
87 pages
230 x 280 mm    
color
2020

published by SPECTOR BOOKS