STUDIES OF THE FEMALE FORM by Duncan Hannah

アメリカ人アーティスト、ダンカン・ハンナ(Duncan Hannah)の作品集。2019年に「Dashwood Books」から刊行された作品集のセカンド・エディション。表紙も新たに13点の新作ドローイングを収録。一風変わった肖像画家を自称する作者は、ニューヨークのパンクシーン出身である。絵画の技法にこだわり、絵画における物語の伝統を復活することにひらすら打ち込んできた。その作品は、20世紀半ばのイギリスを代表するアーティストたちに加え、エドワード・ホッパー(Edward Hopper)やウィンズロー・ホーマー(Winslow Homer)などのアメリカ人の巨匠、さらに孤高の芸術家バルテュス(Balthus)やフェアフィールド・ポーター(Fairfield Porter)らの影響を受けている。ペーパーバックの小説本のフォーマットを用い、ドローイング、絵画、写真など、2012年からの約10年間に様々な表現手段を使って制作した作品をまとめた1冊。

Duncan Hannah is a self-described "idiosyncratic" painter, having emerged improbably from New York's punk scene as a figurative artist obsessed with painterly technique and single-mindedly focused on reviving the narrative tradition in painting. His work is informed by mid-20th century British representational artists and American titans Edward Hopper and Winslow Homer, as well as mavericks such as Balthus and Fairfield Porter. Studies of the Female Form includes drawings made in various mediums over the past decade. It forms part of a series of books published by Dashwood since 2012 featuring drawings, paintings and photographs produced in the format of a paperback novel.

by Duncan Hannah

REGULAR PRICE $21.00

softcover
96 pages
120 x 184 mm
color
limited edition of 500 copies
2019

SECOND EDITION

published by DASHWOOD BOOKS