STOP TANKS WITH BOOKS by Mark Neville

ウクライナ・キエフを拠点に活動するイギリス人フォトグラファー、マーク・ネヴィル(Mark Neville)の作品集。

ソーシャルドキュメンタリー写真家として名を馳せる作者は、2021年にロンドンの家とスタジオを離れ、ウクライナのキエフで暮らし始めた。国境に10万人のロシア軍が押し寄せ、いつ侵攻が始まるかとウクライナ全体が戦々恐々とする中、今こそウクライナを支援し、ロシア軍の侵攻を喰い止めようと世界中の人々に呼びかける写真集出版プロジェクト『Stop Tanks With Books』を始動した。

ウクライナ南部オデッサのビーチにやってきた観光客、ハンガリーとの国境地帯にある少数民族ロマのコミュニティ、教会やナイトクラブを訪れるキエフの人々、そして紛争の最前線であるウクライナ東部に生きる市民と兵士の両方を被写体とし、作者は2015年からウクライナの日常を継続的に記録してきた。イギリス人キュレーター、ライター、そしてアーティストでもあるデヴィッド・カンパニー(David Campany)が編集を手掛けた本書は、作者による写真80点に加え、ウクライナ人小説家のリューバ・ヤキムチュク(Lyuba Yakimchuk)による紛争をテーマにした短編、ベルリンの東欧研究センター(Centre of Eastern European Studies)による紛争のため避難民とならざるをえなかった250万人のウクライナ人についてのリサーチ、世界中の人々に行動を起こすよう呼びかける文章などを収録。

作者はアーティスト兼アクティビストとしての独自の立場を活用し、政策立案者から、オピニオンメーカー、各国大使、国会議員、国際的なコミュニティのメンバーやメディア、さらには和平交渉に直接関係する人々まで、ウクライナを巡る状況を改善する上で戦略的にこの重要人物に750部の写真集を無料で送付した。このプロジェクトの狙いは、この本を受け取った人々が実際に終戦につながる行動を起こすことによって、ウクライナ東部での虐殺に終止符をうち、占領状態が続くドンバス地方やクリミア半島からロシア軍を撤退させることである。またこれに加え、世界各地で一般流通用として750部が販売される。

ウクライナ国内では緊張感が非常に高まっている。首都には爆撃シェルターが作られ、非常時に備えた訓練が日々行われている。残って戦うべきか?それともウクライナを捨てて逃げるべきか?ロシアによるいわれのない軍事侵攻の危機にさらされているのがキエフではなく、ストックホルムやロンドン、パリ、ニューヨークだとすれば、国際社会はどう反応するだろうか?我々の本は、国際社会に向けた祈りであり、しなければならない嘆願なのだ。プーチンが攻めてくる前に本を印刷・配布するために、Nazraeli Pressと私はあらゆる手段を講じた。」- マーク・ネヴィル

※本書の収益の一部は、ウクライナの人々を支援する団体へ寄付されます。

レビュー:斉藤 篤(roshin books 代表)

British artist Mark Neville moved home and studio from London to live in Kyiv, Ukraine, last year. With 100,000 Russian troops amassed on the Ukrainian border and the whole country on the cusp of war, Neville’s book project, Stop Tanks With Books, calls on the international community to urgently support Ukraine and help deter further Russian invasion.

Since 2015 Neville has been documenting life in Ukraine, with subjects ranging from holidaymakers on the beaches of Odessa, to the Roma communities on the Hungarian border, the churchgoers and nightclubbers of Kyiv, to both civilians and soldiers living on the frontline in Eastern Ukraine. Eighty of Neville’s photographs are brought together in this book, edited by David Campany, together with short stories about the conflict from Ukrainian novelist Lyuba Yakimchuk; research from the Centre of Eastern European Studies in Berlin about the 2.5 million Ukrainians already displaced by the war; and a call to action for the international community.

Employing his unique, activist strategy of a targeted book dissemination, Neville is sending out 750 complimentary copies of the book to key policymakers, opinion-makers, ambassadors, members of parliament, members of the international community and its media, as well as those involved directly in peace talks. The aim is for recipients of this book to be prompted into real action which will result in an end to the war, an end to the killing in Eastern Ukraine, and the withdrawal of Russian forces from occupied territories in Donbas and Crimea. An additional 750 copies are also available through Nazraeli Press for general distribution internationally.

Neville writes: “The atmosphere is extremely tense. Bomb shelters and siren drills are being prepared in the capital. Do we stay and fight? Or do we flee Ukraine completely? I wonder what the international response would be if Stockholm, London, Paris, or New York were threatened with an unprovoked and imminent invasion by Russia? Our book is a prayer and a necessary plea to the international community and Nazraeli Press and I have pulled out all the stops to get our book printed and disseminated before Putin invades.

A part of the proceeds of this title will be donated to an organisation for supporting Ukrainian people.

by Mark Neville

REGULAR PRICE $69.00

hardcover
180 pages
320 x 300 mm
color, black and white
limited edition of 1,500 copies (750 complimentary copies + 750 general distributed copies)
2022

FIRST EDITION

shortlist of the Deutsche Börse Photography Foundation Prize 2020

shortlist of the Paris Photo–Aperture Foundation PhotoBook Awards 2022 - the Special Juror’s Mention: PhotoBooks for Ukraine Prize

published by NAZRAELI PRESS