SPEAK THE WIND by Hoda Afshar

イラン人フォトグラファー、ホダ・アフシャール(Hoda Afshar)の作品集。北のイランと南のオマーンに挟まれたホルムズ海峡の島々では、風が人に憑りつき、病や疫病を運んでくると信じられている。アフリカの国々でも同じような言い伝えがあることから、この考え方はアラブ人の奴隷貿易によって南東アフリカからイランにもたらされたのではないかと考えられている。この暗い歴史について語られることはほぼないが、本作では、風と風が島々やその住人に残した痕跡がベースとなっている。この複雑で美しい写真集は、自然の神秘を感じさせる風景、そこに住む人々と彼らの儀式を鋭敏な感覚と深い洞察で捉え、生まれたイメージを通じて、風と人の精神的な結びつきを描き出し、目に見えないものを目に見える記録に残そうとしている。

『Speak The Wind』は、銀色に輝く黒砂のビーチ、ゴツゴツとした岩塩の山、ピンクや燃えるような赤い色をした巨岩の連なりを写し出したイメージと、島に住む人々によるスケッチを通じて、島々の美しさと神秘性を捉えている」ー Financial Times

この新しい写真集は、ホルムズ海峡に浮かぶ目を島々を巡る、息をのむほど美しい旅に読者を誘う。アフシャールは細かなところまで計算しつくし、多層的なアプローチを用いている」ーElephant

On the islands in the Strait of Hormuz, off the southern coast of Iran, there is a common belief that the winds can possess a person, bringing illness and disease. The existence of similar convictions in some African countries suggests that the cult may have been brought to Iran from southeast Africa through the Arab slave trade. This history is rarely spoken about but these winds and the traces they have left on the islands and their inhabitants are the touchstone for Hoda Afshar's Speak The Wind. Through her subtle and perceptive images of the extraordinary landscapes, the people and their rituals, Afshar's beautiful and complex book attempts to picture the wind and its psychic entanglements, to form a visible record of the invisible.

Speak The Wind captures the islands’ beauty and mysticism — silvery black-sand beaches, jagged salt mountains and hulking rock formations in shades of pink and fiery red — alongside drawings sketched by the islanders.’ – Financial Times

This new book takes the reader on a breathtaking journey to the islands of the Strait of Hormuz ... Afshar takes profound care and a multi-layered approach.’ – Elephant

by Hoda Afshar

REGULAR PRICE ¥7,150  (tax incl.)

softcover
168 pages
220 x 265 mm
color, black and white
2021

published by MACK