SOUNDS LIKE SILENCE - JOHN CAGE - 4’33” – SILENCE TODAY by Inke Arns, Dieter Daniels

アメリカ出身の音楽家、作曲家、詩人、思想家、キノコ研究家であるジョン・ケージ(John Cage)の作品集。ケージが作曲した「4’33”(4分33秒)」にまつわる一作。ドイツ人キュレーターのインケ・アルンス(Inke Arns)、美術史とメディア理論を専門に教鞭をとるディーター・ダニエルス(Dieter Daniels)による編集。本書のタイトルとその基になった展覧会は二通りに読み解くことができる。一つに、私たちは事実上静寂を「聞く」ことができる。ケージの言葉を借りれば「静寂というものは存在しない」ことになる。もう一方で、音が聞こえるためには静寂が必要である。完全な静寂は存在しないとしても、あらゆる音には静寂の概念が付き纏う。不在なくして存在はないということである。『SOUNDS LIKE SILENCE』の二重の意味は「聞こえるものが何もない時に聞こえるものは何か」、「私たちはどの程度静寂を求めているのか」、「静寂が存在したとして、私たちはどの程度静寂に耐えられることができるのか」というこのプロジェクトの核をなす問題に直結している。1953年8月29日に初演された画期的な作品「4’33”」をテーマに据えた新しい理論研究と作品に加え、この「静寂の音楽」のオリジナルスコア、1962年から1992年にかけてケージが作曲したバリエーション、派生作品、続編を収録。

The title of this book and the exhibition it documents—Sounds Like Silence—is ambiguous. On the one hand, silence effectively “sounds”—or as Cage put it, “There is no such thing as silence.” On the other hand, sound needs silence in order to be heard. Even if complete silence does not exist, every sound implicitly conveys the notion of silence: there is no presence without absence. The double meaning of Sounds Like Silence therefore touches upon the central issues at stake in this project: what do we hear when there is nothing to hear; to what extent do we long for silence; and how much silence can we cope with—provided it even exists?John Cage’s 4’33” (four minutes, thirty-three seconds) premiered on August 29, 1952. This book presents new theoretical writings and artistic works referring to this groundbreaking work, together with original scores and the composer’s own variations, derivatives, and sequels of the “silent piece” in the years from 1962 to 1992.

Text by Inke Arns, Brandon LaBelle, Dieter Daniels, David Toop, Dörte Schmidt, Julia H. Schröder, Jan Thoben

by Dieter Daniels , Inke Arns , John Cage

REGULAR PRICE ¥5,800

softcover
288 pages
241 x 335 mm    
black and white
2018

published by SPECTOR BOOKS