SMALL MYTHS by Mikiko Hara [SIGNED]

日本人写真家、原美樹子の作品集。電車に乗っている青年、手をつないだカップル、公園で遊ぶ少女など、目の前を通り過ぎる人々を独自の手法で密やかに撮影している。シャッターを押すとき、一瞬被写体と目が合うこともあるが、対峙して言葉を交わすことはない。にもかかわらず、これらのポートレートは、作者と被写体が「その時にその場所にちょうど居合わせる」という見えない約束で結ばれているかのように、限りなくパーソナルな何かが表出している。

作者の撮影におけるアプローチは、日常生活の記録にしっかりと根ざしており、シンクに置かれた切り花、冷蔵庫の中のイチゴのショートケーキ、床でうたた寝する3人の息子など、親密な生活空間の中にまで広がっている。母であり妻でもある「写真家」の眼差しは、外から内へ、公から私へと行き来する。どこにいても、作者は観察し、人生の断片を物語る。

本書は、1996年から2021年までの未発表写真を、版元である「CHOSE COMMUNE」と作者の共同で選定してまとめられた1冊。

EXHIBITION:

Small Myths: Selection from the new photobook by Mikiko Hara
会期:2022年12月8日(木) - 2022年12月26日(月) ※火曜・水曜定休
時間:12:00-19:00
開催場所:book obscura
詳細

Mikiko Hara has her own way of secretly capturing the strangers who cross her path: a young man on the train, a couple holding hands, a little girl playing in a park... Sometimes their eyes meet briefly as she presses the shutter, but Mikiko Hara does not exchange with her subjects. Yet, these portraits reveal something infinitely personal, as if the photographer and her subjects were bound by an invisible pact: being in the right place at the right time.

Mikiko Hara’s approach, firmly rooted in a documentation of everyday life, extends in the intimacy of her living space: cut flowers in the sink, a strawberry shortcake in the fridge, her three sons dozing on the floor. The eye of the photographer, who is also a mother and wife, moves back and forth from the outside to the inside, from the public to the private sphere. Wherever she is, Mikiko Hara observes and tells stories like fragments of life.

At the initiative of the publisher - who made the selection in collaboration with the artist - these unpublished photographs from 1996 to 2021 have been assembled in this book, entitled Small Myths.

by Mikiko Hara

REGULAR PRICE ¥8,250  (tax incl.)

softcover
104 pages
230 x 270 mm
color
2022

SIGNED BY MIKIKO HARA

published by CHOSE COMMUNE