SKULPTUR PROJEKTE MÜNSTER 2017 by Kasper König

ドイツ北西の都市ミュンスターで1977年の創設以来10年に1度開催されている彫刻展、「Skulptur Projekte Münster / ドイツ・ミュンスター彫刻プロジェクト」。2017年の6月から10月にかけて開催された同展のカタログ、ガイドとして刊行された作品集。の。「ドイツ・ミュンスター彫刻プロジェクト」は、この40年の間、コンテンポラリーアートの世界で重要な原動力の役割を果たしてきた。創立以来、このプロジェクトのキュレーションは、本書の編集も務めているドイツ人キュレーターのキャスパー・ケーニッヒ(Kasper König)が執り行ってきた。2017年は、ドイツ人芸術評論家でありキュレーターのブリッタ・ピーターズ(Britta Peters)と、スイス人キュレーターのマリアンヌ・ワグナー(Marianne Wagner)による緊密な協力のもと企画が進められ、本書の編集も共に手掛けている。国際的に活躍するアーティストたちが招かれ、都市空間をテーマに展示空間と相互作用する作品を制作したが、そのプロジェクトは特定の場所を遥かに超えた広がりを持っていた。作品は、今まさに世界中の関心を集めているテーマや現代における彫刻の概念に対する省察だけでなく、デジタル化が進行し続ける現代の公共空間について以前から問われてきた問題にも影響を受けている。第5回目を数える今回は、彫刻、インスタレーション、パフォーマンスアートの間を自由に行き来する芸術についての新しい考え方を約30点紹介する。展覧会のカタログ兼ガイドブックとして、持ち運びがしやすい作りとなっており、7つのエッセイと多くの図版、テキスト群で構成されている。

For forty years the Skulptur Projekte Münster has been an important dynamo for contemporary art. Held every ten years, its curatorial direction has been in the hands of Kasper König since its inception in 1977, 2017 in close cooperation with Britta Peters and Marianne Wagner. International artists are invited to develop site-related works for the urban space. Their projects go far beyond the specific location: their explorations are influenced by topical global themes and reflections on contemporary notions of sculpture as well as by ongoing questions relating to the public space in times of increasing digitization. The fifth edition of the Skulptur Projekte features around thirty new artistic positions moving between sculpture, installation, and performative art. The publication produced in conjunction with the show is a combination of exhibition catalogue and guide presented in a handy format. Seven essays, an extensive series of images, and short texts provide information about the projects. Skulptur Projekte Münster, 10 June – 1 October 2017

by Kasper König

REGULAR PRICE ¥4,200

softcover
480 pages
20 x 30 mm
color, black and white
2017

published by SPECTOR BOOKS