SKOPJE WALKIE TALKIE by Susanne Hefti

スイス人アーティスト、スザンヌ・ヘフティ(Susanne Hefti)の作品集。一般大衆にアピールする国家主義的な権力の構造を正当化するために、公共空間がどのようにして作り変えられているのかをテーマにした一冊。北マケドニア共和国の首都スコピエを例として、本書は新しく作られた華々しいこの街のアイデンディティがどのような影響を与えてきたのかを示している。スコピエの街には2008年から2018年の間に推定6億8000万ユーロをかけて新しい建物が次々と建設された。1960年代に大震災に見舞われたマケドニアでは、国連主導の巨大な再建プロジェクトによって1960年代から1970年代にかけて建築の知見が積み重ねられてきたが、それもこの新しい動きによって忘れ去られ、軽視され、あるいは破壊されてしまった。この都市空間を芸術的・政治的に探求した本書は、スイス人建築家、キュレーターのダムヤン・コカレフスキー(Damjan Kokalevski)の長期的なコラボレーションから生まれた。

Skopje Walkie Talkie focuses on how public spaces are being transformed to legitimize and reinforce populist, nationalist power structures. Using the North Macedonian capital of Skopje as an example, it points out how the newly created, extravagant identity for the city centre has made an impact – as numerous new buildings have sprung up between 2008 and 2018 at an estimated cost of approximately 680 million euros. But the architectural expertise from the 1960s and 70s, gained after a disastrous earthquake thanks to a large reconstruction project led by the UN, has been obscured, neglected or even destroyed. This book is an artistic, political exploration of the urban space. It is the result of long-term collaboration between Susanne Hefti and Damjan Kokalevski.

by Damjan Kokalevski , Susanne Hefti

REGULAR PRICE ¥7,500

hardcover
242 pages
248 x 365 mm    
color, black and white
2019

published by SPECTOR BOOKS