SEMIAUTOMATIC PHOTOGRAPHY by Jules Spinatsch

スイス人フォトグラファー、ジュール・スピナッチ(Jules Spinatsch)の作品集。作者は15年前に公共空間で自動撮影される監視カメラを用いた作品を作り始めた。最初に制作したのは、2,176点のイメージから成るスイスのダボスにある世界経済フォーラムの180度パノラマ写真だった。それからは「SEMIAUTOMATIC PHOTOGRAPHY」シリーズとして、サッカー競技場、ヴィーナー・オーパンバル(オペラ座舞踏会)、刑務所、ヨーロッパ最大級のソフトウェア会社SAP本社などの様々な主題を撮り続けてきた。この完成されたサイクルが初めて写真集として発表されたのが本作である。作者はパノラマ作品の中ではごく小さな要素に過ぎない個々の写真をセレクトして大きく取り上げている。一枚一枚の写真を「切り抜く」このプロセスは、小説家ウィリアム・S・バロウズ(William S. Boroughs)のカットアップの手法を思わせる。これによって作者は、管理社会における視覚機能について考察し、反体制的なイメージ戦略を作り出した。本書は2018年12月から翌年2月にスイスのCentre de la Photographie Genèveで開催された展覧会「Jules Spinatsch, Semiautomatic Photography 2003 – 2020」に伴い出版された。

Jules Spinatsch began working with automatic cameras fifteen years ago, making use of the equipment employed in the surveillance of public spaces. At the time he created a 180° panorama of the World Economic Forum in Davos consisting of 2,176 individual images. He continued the group of works entitled Semiautomatic Photography with, among other things, shots of a football stadium, the Vienna Opera Ball, a prison, and the SAP headquarters. The book Semiautomatic Photography now shows the complete cycle for the first time. In it, Spinatsch foregrounds a selection of individual pictures that otherwise form a tiny element in his panoramas. Rather like in William S. Boroughs’ cut-ups, this process of “cutting out” single photos gives rise to a subversive image strategy, reflecting on the function of the visual in a society of control. The book appears in conjunction with the exhibition “Jules Spinatsch, Semiautomatic Photography 2003 – 2020” at the Centre de la Photographie Genève, from 12 December 2018 to 2 February 2019.

by Jules Spinatsch

REGULAR PRICE ¥6,000

softcover
352 pages
210 x 296 mm    
color
2019

published by SPECTOR BOOKS