SEASCAPES by Paul Rousteau

フランス人アーティスト、ポール・ルストー(Paul Rousteau)の作品集。魔法を使って光と色を混ぜ合わせたかのような写真で知られる作者のこのシリーズは、オーストラリアの珊瑚海に浮かぶ船上でのアーティスト・イン・レジデンスで制作された。見渡す限り続く水平線にインスパイアされた作者は暗室にこもり、風景を水、空気、光という最も基本的な要素に分解して自分自身の心象風景を描き出した。何かによって遮られたりピントがぼやけたりしている色鮮やかなその写真は、具象化と抽象化、絵画とデジタルアートの間を揺れ動く遊び心たっぷりの実験から生まれる。

作者が作り上げた風景は、人間の想像力と風景が影響し合う点はどこか、距離、転移、そして遠く離れた場所にまつわる幻想が水平線にどのように投影されているかについて考えさせる。作者が思い描く世界は、目に見えるもの、想像、超現実的な水中の現実の間のどこかに存在し、世界各地のロケーションを記録したキャプションと、鑑賞者が海の風景を切り取り、自分のものにすることができるような革新的なデザインを通じて拡張されている。

French artist Paul Rousteau is known for his alchemic light and colour-bending approach to photography. Seascapes is a series made by Rousteau while artist-in-residence on a boat off the Coral Sea, in Australia. Inspired by the unending horizons around him, Rousteau retreated to the darkroom to invent mental topographies of his own, reducing the landscape down to the barest constituent elements – water, air and light. Often saturated, interrupted or out of focus, his photographs are series of playful experiments navigating between figuration and abstraction, painting and digital art.

These constructed landscapes invite us to consider the point where human imagination interacts with the landscape - how fantasies of distance, displacement and faraway places are projected onto the horizon. Existing somewhere between vision, imagination and a surreal, submerged reality, Rousteau extends this fiction through globetrotting captions and an innovative design that invites readers to rip away and reappropriate the seascapes as their own.

by Paul Rousteau

REGULAR PRICE $33.00

softcover
128 pages
160 x 240 mm    
color
2021

published by LOOSE JOINTS