RUBBISH, DIPPING SAUCE, GRASS PEONIE BUM by Maisie Cousins

イギリス人フォトグラファー、メイジー・カズンズ(Maisie Cousins)の初写真集。2015年から2019年の間に制作された代表作を集めた一冊であり、最も重要な3つのシリーズからの抜粋であることから、このタイトルがつけられた。序文はヨーロッパ写真美術館(MEP)館長サイモン・ベーカー(Simon Baker)が寄稿。

彼女の作品世界は脈絡のないもので溢れている。そこに写っているものは、互いに似通ってはいても、その本来の姿とは違うように見える。被写体を描き出す代わりに、全てが鮮やかな色彩のねっとりとした分厚いレイヤーで覆われている。触った感触が伝わってくるような光沢によって、被写体はまるで錬金術のように変身するのだが、どういう訳かもとのままの姿を保っている」– サイモン・ベーカー

全44点の作品は対になっており、2枚の大判写真が見開きに余白なしに印刷されている。艶のある金色のカバーで覆われており、2018年にロンドンのギャラリー「TJ Boulting」で開催された個展『Grass Peonie Bum』のインスタレーションから着想を得ている。この展覧会では、ギャラリーの一室の床を金色で覆いつくしていた。作品はいつも直感や本能のままに作られているが、作者は被写体を至近距離から撮影し、豊かな色彩とテクスチャーが織りなす生々しいイメージとして見せることで、鑑賞者と直接的なつながりを作り出している。作品そのままに、感覚の爆発をフルカラーで描き出した本書もまた、大きく光り輝く美しいオブジェであり、我々の目を存分に楽しませてくれる。

この5年間をまとめた本を作りたいと思いました。様々なプロジェクトから選んだお気に入りの作品や中間的なものなど、自分のベストアルバム的な1冊にしたかったのです。私の作品には繰り返し登場するテーマや構図がいくつもあります。これを一度形のあるものにしないと、そこから先に進めないような気がしました。イメージがものすごい速さで生み出されている今の時代に、本を作るために時間をかけるのは非常に大事なことだと思います」– メイジー・カズンズ

Trolley Books present Maisie Cousins’s first photographic monologue comprising her most iconic images from the years 2015 – 2019. The images are selected from a combination of three of her most significant series, hence the title ‘Rubbish, Dipping Sauce, Grass Peonie Bum.’ The foreword is by Simon Baker, Director of Maison Européenne de la Photogra- phie, Paris. “Hers is a world where not only do disconnected things resemble one another, but things fail to resemble them- selves. In place of resemblance, everything is covered instead in a thick viscous layer of brilliant colour; a tactile varnish that transforms things alchemically but somehow also, at the same time, leaves them untouched.” The book presents 44 colour images paired in large format, printed full bleed to the page. They are all contained within a shiny hardback gold cover, which refers to her installation of the work in her first solo exhibition ‘Grass Peonie Bum’ in 2017 at TJ Boulting where she had a gold floor covering an entire room in the gallery. Maisie’s work is always intuitive and instinctive, she builds a direct connection with the audience by pre- senting objects close-up and visceral, full of colour and texture. The book similarly will be a full colour explo- sion for the senses, a beautiful big shiny object in your hand to feast on. Maisie says:“I wanted to create a book from the past five years, my favourites from different projects and things in-between - like a best of. There are a lot of reoccurring themes and compositions. I felt I couldn’t move on from this work without putting it into a tangible object. I think in a time where image production is so fast, waiting to make a book feels really important.

by Maisie Cousins

REGULAR PRICE ¥6,500

hardcover
52 pages
330 x 220 mm
color
2019

shortlist of the Paris Photo–Aperture Foundation PhotoBook Awards 2019 - the First PhotoBook Prize

published by TROLLEY BOOKS