ROY LICHTENSTEIN: GREENE STREET MURAL by Roy Lichtenstein

アメリカ人アーティスト、ロイ・リキテンスタイン(Roy Lichtenstein)の作品集。2015年9月から10月にかけてニューヨークのギャラリー「ガゴシアン(Gagosian)」で開催された展覧会に伴い刊行された。1983年にニューヨークの「レオ・キャステリ画廊(Leo Castelli Gallery)」で制作された巨大壁画作品「Greene Street Mural」が破壊されて以来、この伝説的な企画を新しい世代の鑑賞者に紹介した2015年の復元と、両作の制作過程を紹介した1冊。

この作品では、大理石模様の構図ノート、漫画風のブラッシュ・ストローク、スイスチーズなど、作者による「ポップ辞典」から広く浸透したイメージを、絵画シリーズ『完成/未完成』から引用したネオ・ジオの比喩や木版画の彫りを擬した模様、ファイリング・キャビネット、封筒、折り畳み椅子を含むオフィス用品などのモチーフと重ね合わせた。

本書は、美術史家、キュレーターのカミーユ・モリノー(Camille Morineau)によるエッセイ、リキテンスタイン・スタジオでアシスタントを務めたジェームズ・デパスケール(James DePasquale)、ロバート・マッキーバー(Robert McKeever)、ブライアン・オリアリー(Bryan O’Leary)とアリソン・マクドナルド(Alison McDonald)による対談、1983年当時の壁画制作をとらえたアメリカ人写真家のボブ・アデルマン(Bob Adelman)による貴重な写真が収録されているほか、制作が実現した壁画12点と未実現の壁画4点に関連する広範囲な記録写真が収録されている。

This book was published on the occasion of the exhibition Roy Lichtenstein: Greene Street Mural at Gagosian, 555 West 24th Street, New York. It chronicles the creation of the original 1983 Greene Street Mural by Lichtenstein at Leo Castelli Gallery, New York, since destroyed, as well as the 2015 iteration, which introduced a new generation of viewers to this legendary project.

In Greene Street Mural, Roy Lichtenstein layered pervasive images from his Pop lexicon—marble-patterned composition notebooks, cartoonish brushstrokes, and Swiss cheese—with other motifs, including the Neo-Geo tropes of his Perfect/Imperfect paintings, faux woodblock shading patterns, and office items such as filing cabinets, envelopes, and folding chairs.

The publication includes an essay by art historian and curator Camille Morineau; a conversation between Lichtenstein’s former studio assistants, James DePasquale, Robert McKeever, and Brian O’Leary, and Alison McDonald; rarely seen photography by Bob Adelman capturing the creation of the original mural, and extensive documentation relating to Lichtenstein’s twelve realized and four unrealized murals.

by Roy Lichtenstein

REGULAR PRICE $109.00

hardcover
180 pages
311 x 311 mm
color, black and white
2015

published by GAGOSIAN