ROAD TO NOWHERE by Robin Graubard

アメリカ人フォトグラファー、ロビン・グローバード(Robin Graubard)の作品集。

1993年から1995年にかけて東ヨーロッパで作者が撮影した生々しい「日記」は、動乱と変化を大胆かつ怖気づくことなく、バルカン半島を横切る形で記録している。

1960年代から1970年代にかけて見られたカウンターカルチャーやニューヨークのパンクシーンに触れ育った作者は、90年代初頭に東ヨーロッパに移住した。移住先での生活の中でユーゴスラビア紛争やボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争中のスレブレニツァの虐殺、コソボ紛争に対峙し、密で際立ったカラーを用いた写真でのアプローチをすることで独自の「声」を表現できると気づいた。

個人で活動していた作者は、心の赴くままに数々のストーリーを追った。そこで孤児院や施設、戦争、飢餓をはじめとした苦痛や苦難に出会ったが、それだけではなく、同時にロシアやチェコスロバキア、ブルガリア、セルビア、ボスニアなどの若い人々の間に生まれたサブカルチャーやポスト・ソビエトのアイデンティティが持つ喜びも見出すことができた。

30年もの間未公開のままだった作品も収録する本作は、作者にとって初の主要作品集となる。

Graubard’s raw diaries of Eastern Europe from 1993–1995 reveal a fearless and unflinching record of turbulence and change across the Balkans.

Loose Joints is proud to introduce Road to Nowhere, the first publication of an under-represented voice in photographic storytelling. Coming of age in the counterculture and New York punk scenes of the 60s and 70s, Graubard’s intimate and striking colour approach to photography found a voice of its own when she packed up and embedded herself within Eastern Europe during the early nineties, witnessing the Yugoslav War, Bosnian genocide, and Kosovan uprising.

Working solo, Graubard chased stories as her heart led her, uncovering the suffering and hardship of orphanages, institutions, warfare, and hunger, as well as the joyfulness of emerging subcultures and post-Soviet identity among the young populations across Russia, Czechoslovakia, Bulgaria, Serbia, Bosnia and more. With many images remaining almost completely unseen for nearly thirty years, Road to Nowhere will be the first major publication of Graubard’s work.

by Robin Graubard

REGULAR PRICE $44.00

softcover
228 pages
140 x 195 mm
color, black and white
2022

published by LOOSE JOINTS