RE-VISIONS by Marcia Resnick

アメリカ人フォトグラファー、マーシャ・レズニック(Marcia Resnick)の作品集。1975年、 マンハッタンで自分の車を運転していた作者は、交通事故に巻き込まれ自分の人生が走馬灯のように流れるのを見たという。病院で目を覚まし、今ここにこうしていることに至った全ての出来事について考えはじめた。 新しい作品集の準備として、それまでの人生について思い巡らせ、思いついたことを絵や文章に表していった。1978年にトロントの出版社「ザ・コーチハウス・プレス」から初版が刊行された本書は、思春期から大人の女性への成長を演出した写真で自伝風に捉えた感動的でアイロニックな一冊である。記憶を再現したイメージのコレクションは、人間の条件のアイロニーとユーモアを増幅させるために修正されている。ここでは言葉と写真が等しい重要性を持っている。この二つの要素がお互いを強め合い、協調したり不協和音を鳴らしたりしながら物語を形成している。本書を評してアンディ―・ウォーホールは「ヤバい」、アレン・ギンズバーグは「女にしては…するどい」と言葉を残している。長年の友人だった歌手のリディア・ランチは、41年の時を経て再版を迎えた本書を讃えて「ミステリアスに囁きかける、快く甘い、歪んだ世界観。ほころび始めたばかりの未熟さが持つ甘美な倒錯」と述べている。

In 1975, while driving her car in Manhattan, Marcia Resnick became embroiled in a car accident and her entire life flashed before her. When she awoke in the hospital, she began to think about all of the events which led to her being there. She began to write ideas and draw pictures considering her life thus far, in preparation for creating a new book. In 1978, her poignant and ironic, autobiographical book of staged photographs about female adolescence, Re-visions, was first published by The Coach House Press in Toronto. Re-visions is a collection of revisualizations of memories, often revised to augment the irony and humor of the human condition. The words and pictures are equally important; they feed off each other working in concert or in discord to form the narrative. Andy Warhol called it “Bad,” and according to Allen Ginsberg it was “Sharp…for a girl.” Now, 41 years later, longtime friend Lydia Lunch pays homage to the second edition of Re-visions: “A sweet twist which whispers in mysterious tones predicting the delicious perversion of a budding adolescence.

by Marcia Resnick

REGULAR PRICE ¥6,400

hardcover
104 pages
280 x 218 mm
black and white
2019

published by EDITION PATRICK FREY