PROPERTY by Felicity Hammond [SIGNED]

イギリス人アーティスト、フェリシティ・ハモンド(Felicity Hammond)の初作品集。21世紀に入ると建築を体験する方法に大きな変化が訪れた。高度に進化した技術がもたらす仮想世界というレンズを通せば、見取り図から建設後の環境を視覚化し、世界中の町や都市の未来図をデジタルで生成することが可能となった。本書は、ファウンド・イメージを使ったコラージュを通じて一見完璧に見えるイメージの世界を掘り起こし、それがいかに現実とかけ離れたものであるかを明らかにする。不格好で薄汚れた乱雑な都市の姿は、夢のように華やかな現代生活のイメージとは相容れない存在だが、ハモンドは2つの世界を衝突させることによってこの違和感を一層強調した。コンピューターのスクリーンに映る非現実的なイメージを印刷物に変換するといかに現実世界を無視して作られているか、途端に誰の目にも明らかになる。都市で生活する我々は、パワフルで概念的なイメージとイメージの根源である都市の現実との戦いを日常的に目の当たりにしている。本書では、写真作品と写真を使った立体作品やインスタレーションのイメージを組み合わせ、イメージとオブジェをぶつけ合っている。このことについて作者は都市開発の現場でも同じことが起きていると説明する。作品制作の延長線上にある本書では、素材として使ったファウンド・イメージやレンダリングされた画像がこれらが実際に存在する空間に対比して配置されている。立体的な形を与えられたファウンド・イメージは、レンダリングされた画像が物理的な空間をどのように規定するのか、イメージと空間の2つの表面が都市の領域でどのように作用しているのかを示す手段として使われている。本書に収められたイメージは静物のようでもあり、舞台装置のようでもある。これらがオブジェの痕跡なのか、それともイメージの痕跡のオブジェなのかは定かではない。人の手によって構築された環境が常に変化し続けるのと同じく、このセットは指示が出るのを待っている。

The 21st century has seen a dramatic shift in the way that architecture is experienced. Advancements in technology have enabled architectural representation to visualise the built environment through the lens of the virtual, generating digital renderings that depict the future of towns and cities all over the world. Property - the first publication by British artist, Felicity Hammond – mines these seemingly perfect worlds, revealing their inaccuracies through collage and cut-out pages. The unwieldy, grimy, littered city doesn’t fit within the glossy dreamscape of contemporary living, made all the more obvious when these surfaces collide. The disregard for the spatial realm in which these visual imaginaries propose to operate is exposed when they are transferred from computer screen to printed matter: the battle between the powerful, speculative image and the city from which it grows are at the forefront of our urban encounters. Combining photographic works and installation images of her photo-sculptural and installation practice, Property collides image with object, much like the sites of urban transformation to which Hammond refers. The book is a continuation of her process, placing her source material of found rendered imagery against the sites that they inhabit. Object in form, the cut out pages are used as a device to reveal how the rendered image dictates physical space, and how both of these surfaces are at play in the urban realm. Existing somewhere between a still life and a stage set, it is unclear whether the images in Property are the trace of the object, or the object the trace of the image; the props await direction, just as the built environment is in a constant state of becoming.

by Self Publish Be Happy

by Felicity Hammond

REGULAR PRICE ¥6,500

softcover
64 pages
210 x 290 mm
color
limited edition of 500 copies
2019

SIGNED AND NUMBERED BY FELICITY HAMMOND

published by SPBH EDITIONS