PRINTS AND MULTIPLES/ANNA BLESSMANN AND PETER SAVILLE by Peter Saville

イギリス人グラフィックデザイナー、ピーター・サヴィル(Peter Saville)の作品集。2002年から2019年の間に制作した印刷物とマルチプル作品を収録した一冊。この15年の間に、ロンドンの Paul Stolper Gallery の協力のもと、作者はドローイングや彫刻を含む多数の作品を制作してきた。シルクスクリーン印刷からインクジェット印刷、タペストリー、アクリル樹脂、ネオン、レジンまでと幅広いテクニックや素材を使い、様々なテーマや作品のバリエーションのもと作者の名作とも言えるグラフィック作品が生まれていった。ヴィクトリア & アルバート博物館(V&A)やメトロポリタン美術館(Met)、ルーブル美術館の膨大な収蔵品を見て回った際に、誰もが何十回も通り過ぎたはずなのに、気に留めたことも見たことさえないかもしれない小さな注意書き。修復やリサーチ、あるいは撮影のために作品が非公開になっていることを伝える注意書きには、ガラスのように存在感がないものもあれば、目立つように鮮やかな色の丸いシールが貼ってある場合もある。美術館における展示の論理と流れを一時的に中断するこれらの記しは、そこに一つの作品があったことと、それが再び戻ってくるという二つのことを保証している。ドイツ人アーティストのアンナ・ブレスマン(Anna Blessmann)は、10年以上前から世界中の美術館やギャラリーにあるこれらの注意書きに注目し、写真に収めてきた。目立たないようにそっと添えられている文章を撮影したシリーズをみていると、形や文章の調子によってなんとなく分類できることがわかるが、この作品の面白さは、個々の違いというよりもこうした「芸術作品の代役たち」が一つのジャンルとして何を表象しているのかということにある。サヴィルとブレスマンの2人は、これを念頭に置いて所有とコレクション、ポテンシャルと想像、そして芸術作品それ自体という概念を探求する作品として、美術館の注意書きのシリーズを制作した。

This book brings together the prints and multiples produced by Peter Saville between 2002 and 2019. For the last seventeen years Saville has collaborated with the Paul Stolper Gallery in London to produce a significant body of work including both works on paper and sculpture. Using a wide variety of techniques and materials including silkscreen printing, inkjet printing, tapestry, perspex, neon and resin, his work draws on much of his existing seminal graphic work to create variations on themes and works. Small signs; you might never have noticed them; you might have walked past ten times, twenty times, on your way through the vast collections of the V&A, or the Met, or the Louvre, and not have seen them. Sometimes glassily translucent, sometimes tagged with a brightly coloured dot, declaring ‘object removed for photography’, or otherwise for restoration, or maybe research. Temporary interruptions in the logic and flow of the museological display, they make a double promise; that an object was there and that it will be returned. Anna Blessmann began noticing and photographing these placeholders in museums and galleries across the world more than a decade ago. The series of photographs that she produced of these discreet and tucked-away missives provides a loose taxonomy of their varying forms and tones, but their interest lies less in the differences between individual examples and more in what, as a genre, these stand-ins stand for. With this in mind Blessmann and Saville have produced an on-going series of these place holders, available for purchase as a limited edition, exploring ideas of possession and collection, potential and imagination, and the art object itself. These ‘Art Accessories’ have a transformative potential: any domestic setting can become a collection. As artworks in their own right, they allow the public to become collectors even as they explicitly disavow their own status as object.

by Peter Saville

REGULAR PRICE ¥6,000

2 softcover books in a slipcase
90 pages + 60 pages
275 x 210 mm
color, black and white
2019

published by PAUL STOLPER