PICTORIAL ZOOLOGY by Laszlo Layton

アメリカ人アーティスト、ラズロ・レイトン(Laszlo Layton)の初作品集。本作は、18-19世紀の博物学のドローイングを思い起こさせうる現代的なイメージで構成されている。制作方法として、まずピンカム&スミス社のヴィンテージレンズを取り付けたマホガニー材のディアドルフ社製11x14インチのカメラで博物館の標本を撮影。それらをサイアノタイプ(※註)にした後、その写真に絶妙な色調で丹念に色付けを行う。作者が参照しているのは、アメリカの画家であり鳥類研究家のジョン・ジェームズ・オーデュボン(John James Audubon)の名著『アメリカの鳥類』の緻密に描かれた図版であることは明らかである。しかし、19世紀イギリス・ヴィクトリア時代を代表する美術評論家ジョン・ラスキン(John Ruskin)や、自然主義や職人技を重視するアーツ・アンド・クラフツ運動からも多大な影響を受けていることが伺える。この一連の作品が、科学と芸術の交差するところに位置するものだとしても、中心にあるのは現実を図解することではなく美なのである。本シリーズは各地で展覧、収蔵されており、ネルソン・アトキンス美術館、ロサンゼルス・カウンティ美術館、ロサンゼルス自然史博物館などが所蔵している。

※註 青写真。日光写真とも呼ばる写真・複写技法の一つであり、鉄塩の化学反応で光の明暗が青色の濃淡として写る。

Laszlo Layton's artwork comprises modern images that evoke 18th and 19th century natural history drawings. To create his work, Layton first photographs a museum specimen using a restored 11x14-inch mahogany Deardoff camera, fitted with vintage Pinkham & Smith lenses. After making a cyanotype of the image, Layton then painstakingly hand paints the resulting print in subtle hues of color. Each print in the edition is therefore unique, and as much an object as a photographic print. Layton's work makes obvious reference to naturalist John James Audubon and his majestic illustrations in Birds of America. However, his photographs owe as much to John Ruskin and the Arts and Crafts movement's emphasis on naturalism and craftsmanship. Although Layton's work operates at the intersection of science and art, it is a call to beauty, not a diagram of reality. Laszlo Layton's work is widely exhibited and collected. It is included in such permanent collections as The Nelson-Atkins Museum of Art; The L.A. County Museum of Art; and the Natural History Museum of Los Angeles County. Pictorial Zoology is his first monograph. It is printed on lush Japanese art paper in an oversized, 11x14-inch format allowing the original artworks to be reproduced at full scale.

by Laszlo Layton

REGULAR PRICE ¥9,750

hardcover
60 pages
362 x 285 mm
color
limited edition of 1,000 copies
2013

published by NAZRAELI PRESS