PHOTOGRAPHY'S NEOLIBERAL REALISM by Jörg Colberg

ドイツ人ライター、写真家、教育者であるヨーグ・コルバーグ(Jörg Colberg)のエッセイ集。世界的に高く評価されている写真家のアニー・リーボヴィッツ(Annie Leibovitz)、グレゴリー・クルードソン(Gregory Crewdson)、アンドレアス・グルスキー(Andreas Gursky)らは、当たり前すぎて誰も疑問視してこなかった信念や概念を写真で表現した。本作は、この3人のアーティストが、いかにして旧ソビエト連邦の社会主義的リアリズムに匹敵する資本主義的な作品を生み出してきたのかを探求した1冊。作者が述べる「新自由主義的リアズム」のイデオロギー的枠組みは、圧倒的な不平等や人種による格差をはじめとした数多くの問題を抱える資本主義という「経済システム」を確固たるものにしている。作者は、3者が描く「もので溢れんばかりの作品」を新たな視点で読み解く。そこに写るものにだけ目を向けていると、我々がヴィジュアルから読み取る意味の体系にこうしたイメージが及ぼす広範囲な影響が見過ごされてしまうのではないかと疑問を呈す。本書はイギリスの出版社「MACK」が刊行する、文化論者やキュレーター、アーティストが1つのテーマや作品、思考をテキストで掘り下げるシリーズ「DISCOURSE」の1冊として刊行されている。

Confronting the work of widely celebrated photographers Annie Leibovitz, Gregory Crewdson and Andreas Gursky, Photography’s Neoliberal Realism examines how these artists produce capitalism’s equivalent of the Soviet Union’s socialist realism by giving photographic form to widely held and rarely questioned beliefs and ideas. The ideological framework that Colberg terms ‘neoliberal realism’ serves to cement an economic system whose many fault lines are becoming increasingly clear, such as staggering inequality and racial disparities. This extended essay provides an alternative reading of photographic works laden with artifice, and argues how focusing on this artifice misses the more far-reaching ways such images operate in our visual economy. DISCOURSE is a series of small books in which a cultural theorist, curator or artist explores a theme, an artwork or an idea in an extended illustrated text. 

by Jörg Colberg

REGULAR PRICE ¥1,650  (tax incl.)

softcover
40 pages
125 x 195 mm    
black and white
2020

published by MACK