PEER TO PEER by Hannah Whitaker

アメリカ人フォトグラファー、ハナ・ウィタカー(Hannah Whitaker)の作品集。本書は、写真がどのようにシステム・連続性・形状の関係性の中で網状に組織され拡がってゆくかを試みた一冊。最初のページにはひとつのイメージが現れ、次ページからはそのイメージが2枚になり、それから4枚になったイメージが交互に現れていく。写真に付けられた模様もひとつのモチーフを繰り返し、構成の方法も決まったルールにのっとっておこなうことにより、イメージの主張というより、テキストの特性を主張している。つまり写真を「見る」ものではく「読む」ものとして提示している。その逆に本書のカバーにある模様のように見えるタイトルと作家名は、「読む」のではなく「見る」という意図でわざと読みづらい書体になっている。詩人のアーロン・クニンによるテキストを収録。 

Hannah Whitaker explores how photographs can network, participate in systems, iterate, and form relationships. The book alternates between one full-page photograph and up to four on the next page that relate to the first. By adhering to this organizing principle and by employing repetitive marks made through in-camera masking, the photographs assert a linearity more typical of text than image. The cover spells out the book’s title and author using an illegible alphabet, which, inverting the logic of the photographs, asks to be looked at rather than read. Peer to Peer includes an accompanying text insert written by Aaron Kunin.

by Hannah Whitaker

REGULAR PRICE ¥7,000
国内送料無料 / Free international shipping over 50,000 yen.

hardcover
100 pages
300 x 250 mm
color
limited edition of 1000 copies
2015

published by MÖREL