PARLIAMENT OF OWLS by Jack Latham [SIGNED]

イギリス人フォトグラファー、ジャック・レイサム(Jack Latham)の作品集。北カリフォルニア、モンテ・リオに位置する「セコイアの森」奥深くにある「ボヘミアン・グローブ」は、1872年に設立された会員制の紳士クラブ「ボヘミアンクラブ・オブ・サンフランシスコ」が所有する2,700エーカーのキャンプ場である。毎年夏になると、アメリカの政治界やビジネス界のエリートが続々と集まってくる秘密に包まれたこの場所、そこで何が行われているかについては様々な憶測が飛び交い、陰謀論やカルト説など何かとうわさの種になってきた。ニュースサイト「インフォウォーズ(Infowars)」設立者、アレックス・ジョーンズ(Alex Jones)は、2000年に「新世界秩序を暴露する」と宣言し敷地内に入り込み、「懸念事の火葬」と呼ばれる、人を模した人形を焼く儀式の様子を撮影した。この芝居じみた儀式で燃やされる人形は、参加者の「世俗的な悩み(懸念事)」を象徴する。さらに2002年には「ファントム・パトリオット」と名乗る自称正義の味方の覆面男が、ボヘミアン・グローブに奇妙な攻撃を仕掛けて逮捕されたり、儀式を撮影したビデオが騒ぎを起こすことを目的に公開されたりした結果、アレックス・ジョーンズは極右の活動家として注目を浴びるようになり、インフォウォーズはアメリカの政治に関する最新のフェイクニュースの提供者として幅を利かせるようになった。作者は、この「ボヘミアン・グローブ」を記録した本作を通じて情報の空白化が引き起こす影響を探索した。

Nestled within the redwood forests of Monte Rio, northern California, sits Bohemian Grove, a 2,700-acre retreat owned by the exclusive gentlemen’s San Francisco Bohemian Club, founded in 1872. Every summer, the retreat is frequented by the political and business elite of the US. Shrouded in secrecy, the activities at the grove have become the subject of countless conspiracy theories and rumours. In 2000, Alex Jones, the founder of infowars, broke into the encampment in an attempt to ‘expose the new world order’ and filmed the Cremation of Care, a theatrical ceremony in which an effigy of the members’ 'worldly cares' is burnt. Beyond inspiring a bizarre attack on Bohemian Grove by a masked vigilante calling himself the Phantom Patriot in 2002, the release of the video footage, set within an alarmist context, was instrumental in increasing Jones’ profile as a far-right activist and subsequently springboarded infowars to become an influential outlet of fake news in recent US politics. In 'Parliament of Owls,' Jack Latham investigates the effects that a vacuum of information can cause.

by Jack Latham

REGULAR PRICE ¥6,500

softcover
192 pages
235 x 320 mm
black and white
limited edition of 1,250 copies
2019

SIGNED BY JACK LATHAM

published by HERE PRESS