PAINTINGS 2015-2017 by Peter Joseph

イギリス人アーティスト、ピーター・ジョセフ(Peter Joseph)の作品集。考え抜かれた精緻な色合いを持つ2色で構成された絵画で知られる作者は、特定の構造やパラメータを自分で設定し、その枠内で制作を行ってきた。そうすることで、額に収められた作品構成の「安全性」の内側に限定された無限の自由を手に入れたのである。マーク・ロスコ(Mark Rothko)やバーネット・ニューマン(Barnet Newman)と比較されるその作風は、ミニマリズムの異端児ともいえる。なぜなら同時代のアーティストとルネッサンスの巨匠のどちらにも同じように傾倒しているためである。軽やかな筆使い、ナチュラルな色合い、そこかしこに残る何も塗られていないままのキャンバスから新しい感情がほとばしっている。「感情を呼び起こすことができない絵は死んでいる…絵の目的とは、単なる情緒の表現であることを超えて、感情が一つの価値に変わる瞬間を発見することにある。」と作者は述べる。作品はブリティッシュ・カウンシルやチューリッヒ美術館、ヴィクトリア & アルバート博物館、テート・ブリテン、グッゲンハイム美術館、アムステルダム市立美術館など世界でも有数の美術館やギャラリーのコレクションに収蔵されている。本書は2017年6月23日から8月11日までニューヨークの「Lisson Gallery」で開催された展覧会に伴い刊行された。

Known for his two-colour, tonal canvases of precise, carefully considered hues, British artist Peter Joseph’s work historically exists within self-imposed, specific structures and parameters – the effect being one of unlimited freedom confined within the ‘safety’ of a framed construct. While comparable to the work of Mark Rothko and Barnet Newman, Joseph’s is an anomalous strain of Minimalism: his allegiance lies as much with Renaissance masters as with his contemporaries. More recently his format has departed from his established ‘architecture’ to divide the canvas into two planes, horizontally or vertically, wherein loose brushwork, natural tones and patches of exposed canvas tap into new feeling. As Joseph says: ‘A painting must generate feeling otherwise it is dead… The aspiration is to find that moment when feeling is not just emotional expression, but is transformed into a value.’ Peter Joseph’s work is in many major museum/gallery art collections including: British Council; Kunsthaus Zurich; V&A Museum, London; Tate, London; Guggenheim Museum, New York; and Stedelijk Museum, Amsterdam. Published on the occasion of the exhibition at Lisson Gallery, New York (23 June – 11 August 2017).

by Peter Joseph

REGULAR PRICE ¥5,800

softcover
56 pages
350 x 280 mm
color 
2017

published by LISSON GALLERY