PAINTINGS 2008-2018 by Christiane Pooley

チリ人アーティスト、クリスチャン・プーレイ(Christiane Pooley)の作品集。本書は、これまでの作品全体をまとめた初めての作品集である。社会構造の不安定さを浮き彫りにする風景画家である作者は、崇高なもの、憂鬱なもの、そして政治的なものを呼び起こす領域を表現してきた。作者は、作品を制作する際に記憶と歴史を通して描画する方法を感じ取る。風景は複雑な事象や身体に伴う柔らかさが主流であるが、まだ明らかになっていない緊張感は光の特別な質により保たれる。夢でもあり、ドキュメンタリーでもあるこの作品は、鑑賞者をぼんやりと霞んだ場所にいるように感じさせ、我々は自分がどこにいるのかよくわからなくなる。過去と現在との時間の重なりが、柔らかにそっと結び合い、協力し、互いに反響を起こす。我々は、繰り返されるシーンや時の流れの中で学ぶことを通じ、ある種の視覚的共鳴を介して、この関係性を知る。作者のペインティングは、ロマン主義と深い関わりを持ち、地域の政治問題や、変幻自在な視点、そして同時性や不協和音を奏でる現代的な感覚とを結びつける。作者は絵を描くことで学び、崇高であり政治的であり哀愁を帯びたものとのスローダンスを我々に見せてくれるのである。アート批評家、マリー・マルテンス(Marie Maertens)とアーティスト、ローラ・モリソン(Laura Morrison)によるテキストを収録。

This publication provides the first overview of Christiane Pooley's work to date: a landscape painter unveiling the instability of social structures, the Chilean artist has developed a universe which summons the sublime, the melancholy and the political. With texts by Marie Maertens and Laura Morrison. Christiane Pooley feels her way through memory and history as she paints. Landscape predominates throughout, tender with complex events and bodies, unresolved tensions held by a very particular quality of light. Part dream, part documentary, Pooley's work situates the viewer in a hazy place. We are not quite sure where we are grounded. Layers of time—past and present—softly conjoin, collaborate, trouble one another. We absorb these relations via a certain visual resonance, through repeated scenes, studies in the passage of time. Her paintings hold a deep relation to Romanticism, combined with a contemporary sense for the politics of place, of mutable perspectives, simultaneities and dissonances. Pooley learns as she paints and continues to offer us a slow dance with the sublime, the melancholy and the political.

by Christiane Pooley

REGULAR PRICE ¥6,500

hardcover 
148 pages
220 x 280 mm
color
2018

published by LES PRESSES DU RÉEL