OPEN RANGE by John Langmore

何度となく聞いたことのある、引き離された子牛と牝牛がお互いを呼ぶ切ない鳴き声、ヤマヨモギやジュニパーが覆う乾いた大地に吹くほこりっぽい風が運んでくる牛の匂い、牛の群れを一緒に追う仲間である良い馬に乗っている時の気分を、カウボーイなら誰でも懐かしさと慈しみの気持ちと共にすぐに思い出すことができる。

アメリカ人フォトグラファー、ジョン・ラングモア(John Langmore)の作品集。テキサス州ダラスで写真家一家の一員として育ち、1975年、12歳の時にカウボーイとなり、少年時代を通じて毎年夏の間は西部各地の大牧場でカウボーイとして働きながら過ごした。その少し前に作者の父は写真集『The Cowboy』を撮影している。社会に出るまで12回の夏を西部の各地で過ごした。馬の鞍から降りて30年後の2012年、最も有名なアメリカ最大の牧場14か所を6年かけて撮影するというプロジェクトを開始する。カウボーイの写真を撮った写真家はこれまでにも何人もいたが、元々カウボーイで後に写真家となったのは作者を除いては数えるほどしかいない。カウボーイの世界との深い絆がしっかりと表れている写真と文章は、多くの人が一度は夢見ることはあっても実際に体験することはほとんどない、カウボーイの生活を目撃するまたとない機会を与えてくれる。

Every cowboy can instantly call up with fondness that familiar sound of separated cows and calves calling to each other longingly, the smell of cattle carried on a dusty wind across sagebrush and juniper, and the feeling of a good horse underneath you as you work together to keep a herd moving.

John Langmore began cowboying in 1975 at the age of twelve, after his father photographed the seminal book, The Cowboy. John spent twelve summers cowboying across the West before pursuing a professional career. In 2012, after thirty years away from his time in the saddle, John began a six-year project photographing fourteen of the nation’s largest and most famous ranches. Of all those who have photographed the cowboy, John is one of the few who came to it first as a cowboy and only later as a photographer. John’s photographs and writings reflect this deep connection to the cowboy world and offer an unrivaled chance to witness a way of life that many dream of but few experience.

by John Langmore

REGULAR PRICE ¥10,000

hardcover
144 pages
356 x 279 mm
black and white
2018

published by TWIN PALMS PUBLISHERS