OLAF BREUNING by Olaf Breuning

ニューヨークを拠点とするスイス人アーティスト、オラフ・ブルーニング(Olaf Breuning)の作品集。現実の中から描き出す、目を引きつける絵画のような世界観と皮肉に満ちた視点の独特さで知られる。彼の作り出す写真や映像、ドローイング、インスタレーション作品では、すでに共有されてきた視覚的言語が用いられ、ハイ・カルチャーのアイコンと共にメディアやポップ・カルチャーから生まれたシンボルを混ぜ合わせて作られている。ユーモアとシリアスの間のどこかで大量消費主義や西洋の固定観念、性別的な常套表現に気付かせ、同時にアートとキッチュ、現実と幻想、自然さと不自然さの関係性を分析する。

Olaf Breuning is known for his impressive pictorial worlds and his ironic views on a reality that is shaped by the media. His photographs, videos, drawings and installations make use of a shared visual language and mix symbols from the world of pop and the media with icons of high culture. Somewhere between humour and a painful seriousness, they make us aware of our consumerism, Western stereotypes and gender clichés and analyse the relationship between art and kitsch, reality and illusion, authenticity and artificiality. NFW Forum, Dusseldorf

by Olaf Breuning

REGULAR PRICE ¥6,000
国内送料無料 / Free international shipping over 50,000 yen.

hardcover
64 pages
229 x 330 mm
color
limited edition of 500 copies
2016

published by SILENT SOUND