NEW ENGLAND by Liu Xiaodong

中国人アーティスト、リウ・シャオドン(劉 小東、Liu Xiaodong)の作品集。本書のタイトルである「新しい英国」をテーマにした作者のポートレイトシリーズを収録。これは、自分の夢を追いかけ実現するためにロンドンに移り住んだ専門職の若い中国人という1つの世代を描くことを追求する作者の代表作である。我々が普段生活している場所やプライベートな空間を背景に描かれたモデルたちは、自分たちが異国で上手くやっていることを示そうとしている。鑑賞者は、彼らの服装や周りに置かれている物、自分の背景として選んだ環境を読み取ることができる。この視線には、移住と移住先の社会に溶け込むことの関係性の隠された一面を理解する可能性が秘められている。作者の作品は、個人とその環境のつながりを支配する関係性が存在するかどうかについて否応なしに考えさせる。作者個人の日記から抜粋したページも収録されている。それらは作者自身が見た物、興味をひかれたもの、イマジネーションを刺激されたものを一人称で描いた、ある種の年表になっている。またそのページからは、作者の絵画の成り立ちや、自身に非常によく似ているところ、同時に違うところも沢山持つモデルたちに対するアプローチの仕方が見えてくる。コンテンポラリーポートレイトアーティストである作者は、これまでに何百人もの人々をキャンバスに描いてきた。良くも悪くも、作者にとってただ一つ重要なことは、彼らと目と目を合わせることだという。

The volume New England brings together a series of portraits by Liu Xiaodong of homonymous subjects. The project represents the artist’s search to portray a generation of young Chinese professionals who have moved to London to try and follow their dreams. The subjects are portrayed in their own habitats, their private settings. They try to demonstrate well-being; the viewer notices their clothes, the accessories that surround them and the environments in which they have chosen to place themselves. This glance shows a possible way into the hidden side of the relationship between migration and integration. We are forced to question whether there is any relation that governs the connection between an individual and his surroundings. The book also includes several pages from Xiaodong’s private diaries; a kind of chronicle in first person of what the artist saw, what drew his attention and stimulated his imagination. These pages illustrate the genesis of the pictures and reveal Xiadong’s approach to his subjects, people who are both very similar to him but also very different. A contemporary portrait artist, Xiaodong has immortalised hundreds of subjects on his canvases: good or evil, the only thing that matters to him is to look them in the eyes.

by Liu Xiaodong

REGULAR PRICE $24.00

hardcover
128 pages
110 x 170 mm
color
2021

published by NERO EDITIONS