MY FETISH YEARS by Lena Henke

ドイツ人アーティスト、リナ・ヘンケ(Lena Henke)の作品集。作者は大規模なインスタレーションの中で多面的な彫刻作品を展開することで知られている。人間関係、セクシュアリティ、フェティシズムなどをテーマとした作品は、都市デザインやランドアートを思い起こさせる。本書は、この10年間の作者のクリエイションを包括的に紹介する1冊。時系列よりも、作者の作品に繰り返し登場する4つの中心的なテーマである「介入」「アプロプリエーション」「欲望」「自己」に焦点を置いている。本書は、2019年9月から2020年1月に「Museum für Gegenwartskunst Siegen」で開催された「Lena Henke: My Fetish Years」展に伴い刊行された。

Visual artist Lena Henke often deploys her multifaceted body of sculptural work in large installations. Her works bring to mind urban design and land art, drawing on themes such as interpersonal relationships, sexuality, and fetishism. This monograph is a comprehensive survey of ten years of artistic creation. The publication does not present Henke’s work as a chronological sequence but focuses rather on four central, recurring themes: intervention, appropriation, desire, and Self. The monograph will be published in conjunction with the exhibition “Lena Henke: My Fetish Years” at the Museum für Gegenwartskunst Siegen, 27 September 2019 – 26 January 2020.

by Lena Henke

REGULAR PRICE ¥5,200

softcover
252 pages
230 x 290 mm    
color, black and white
2020

published by SPECTOR BOOKS