MARRIED MAN by Natasha Caruana

ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、ナターシャ・カルアナ(Natasha Caruana)の作品集。2008年から2009年にかけて、作者は既婚男性たちと80回に及ぶデートをした。そして、デートをする度に使い捨てのカメラで1~2枚の写真を撮影した。そこには「不倫」というグラマラスでエキサイティングな響きとはかけ離れた、カフェでの食事の食べ残し、汚れたコーヒーカップ、弁当の蓋などが映されている。不倫用の出会いサイトを見つけたのをきっかけに、インターネットが現代の恋愛にもたらす影響に興味を持った作者は、18カ月にわたり50人以上の既婚男性とデートをし、多い時は1日に3、4回デートを重ねることもあったという。本書に登場する男性たちは、ドアの向こう側へ消え去っていく黒ずくめのシルエットであり、破れかけたジャケットの袖であれば、ワインクーラーの向こう側に見えるスーツの膝でもある。幅広い年齢層が読み取れる無数の手が、レシートをサインし、雨に濡れた傘を持ち、鍵をぶら下げ、落ち着きなく食器をいじり、優しく作者の手を握る様子が映されている。カタルシスとしてこのプロジェクトを始めたという作者だが、それは徐々にパフォーマンスとなっていった。男性たちはデートに行くことで妻を欺き、その嘘がカルアナの虚構に反響した。デートの相手が不倫者というペルソナに浸る度、カルアナは彼らのファンタジーの手助けとなるキャラクターを演じ、2人の間のテーブルは舞台と化した。彼女を驚かせたのは、男性たちがよく自分の妻について長時間話し続けたことだ。彼らの寂しさや、家族の中で自分がスペア・パーツのようだということを。結局、この男性たちが望むものは同情的な耳を傾けられること以外の何でもなかったのだ。

Between 2008 and 2009, Natasha Caruana went on 80 dates with married men. She usually managed to take one or two illicit photographs with a disposable camera. A far cry from any glamorous excitement an adulterous affair might entail, her snapshots show the remnants of a cafe meal, a soiled coffee cup, the lid of a takeaway food container. Caruana stumbled upon a website that connects people seeking extramarital affairs. Fascinated by the internet’s impact on modern relationships – offline as well as on – she delved into this underworld dating scene, clocking up encounters with over 50 men over a period of 18 months. By the end, she was often meeting three or four a day. The Married Man appears as a black-clad figure disappearing through a street door, the sleeve of a tatty jumper, or a pair of suited knees in front of an ice bucket. Hands, young and old, sign credit card receipts, clutch a rain-soaked umbrella, dangle keys, fiddle nervously with cutlery, or gently clasp the photographer’s own hand. Caruana says the project began in part as catharsis. But it became a performance. The deceit these men engaged in with respect to their wives and families was echoed by the photographer’s own masquerade. As her dates acted out their idea of the man playing away from home, so Caruana assumed the character each sought to complete the fantasy. The tabletop between them became a stage. What surprised her was how often she found herself listening to men talk at length about their wives, about loneliness, or feeling like a spare part in the family unit. In the end, Caruana found many desired nothing more than companionship and a sympathetic ear.

by Natasha Caruana

REGULAR PRICE ¥6,000

hardcover
46 pages
240 x 200 mm
color
limited edition of 500 copies
2015

published by HERE PRESS