MARIE HAZARD by Marie Hazard

フランス人アーティスト、マリエ・アザール(Marie Hazard)の作品集。作者は織機で作品を描いており、鮮やかなテキスタイルに文章の断片や写真の一部を織り込み、「世界の中に存在し、その中を移動するダンスを記録」している。作者による初の作品集である本書には、2018年から2022年にかけて開催された9つの展覧会より約150点の作品を集め、ドイツ人アメリカ人美術史家のオリヴィエ・ベルグルエン(Olivier Berggruen)によるエッセイ、アーティストのジョージ・タイガー・リュー(George Tiger Liu)との対談を収録している。

Marie Hazard (b. 1994, Le Havre, France) writes on the loom, imprinting her vibrant textiles with fragments of text and pieces of photographs that “register the dance of being in and moving through the world.” Her debut monograph gathers some one-hundred-and-fifty works woven and nine exhibitions made between 2018 and 2022, alongside a modular essay by art historian Olivier Berggruen and a conversation with artist George Tiger Liu.

by Marie Hazard

REGULAR PRICE $68.00

softcover
284 pages
235 x 305 mm
color
limited edition of 1,000 copies
2022

published by ZOLO PRESS