MÁJ/MY by Stephanie Kiwitt

ドイツ人フォトグラファー、ステファニー・キーヴィット(Stephanie Kiwitt)の作品集。プラハのナローニトジーダ通り(国家大通り)には、1975年に開店したデパートがある。社会主義政権が倒れるまで、その店は「MÁJ」、チェコ語で「5月」と呼ばれていた。近頃のチェコ語では5月は「KVĚTEN」という。「MÁJ」はロマンチックな響きのある古い言葉で、カレル・ヒネク・マーハ(Karel Hynek Mácha)が1836年に書いた著名な詩と強く結びついている。イギリスのスーパーマーケット・チェーンのテスコが1996年に同店を買収し、2009年に「MY」と改名した。この名前を英語として理解するならば、個人に言及していることになる。「MY」が「MÁJ」とほとんど同じ発音であることは偶然ではないだろう。今ではチェコ語の発音に従って発音する人は誰もいないが、「MY」を昔ながらのチェコ語の発音で読むとかなり違って聞こえるだけでなく、意味も「私たち」に変わり、集団に言及することになる。2017年以来、テスコは経済的な損失を理由に店舗の一部をチェコスロバキア共和国に売却してきた。2018年の春にデパート「MY」も売却された。2015年11月から2018年6月にプラハで撮影された写真が本書には収録されている。

On the Národní Třída (Avenue of the Nation) in Prague stands a department store that opened in 1975. Until the fall of the socialist regime it was called “Máj”: the month of May. Nowadays the fifth month of the year is referred to in Czech as “květen”. “Máj” is an older word that has a romantic quality and is closely associated with a famous poem of the same name by Karel Hynek Mácha written in 1836. In 1996 the British supermarket chain Tesco purchased the store, renaming it “My” in 2009. If this name is interpreted as an English word, then it refers to an individual. It is surely no coincidence that this English name sounds much the same as the old Czech one. If pronounced, however, according to Czech phonetics, which no one ever does, it sounds quite different. Then it means “we” and refers to a collective. Since 2017 Tesco has been selling off some of its stores in the Czech Republic because of financial losses. In spring of 2018 the department store “My” was also sold. Photographed in Prague from November 2015 to June 2018.

by Stephanie Kiwitt

REGULAR PRICE ¥4,400

softcover
128 pages
195 x 260 mm    
black and white
2018

published by SPECTOR BOOKS