MAINE by Gary Briechle

冬はいつでも長すぎる。
トラックに鍬を取り付け、温かい恰好をして、薬を飲むのを忘れないこと。
なんとかして冬を乗り越えよう。
春は泥まみれ。夏は最高だけど、見返りとしては短すぎる。
そして秋が来て、またすぐに冬がやってくる。

アメリカ人フォトグラファー、ゲイリー・ブリックリー(Gary Briechle)の作品集。20年程前にアメリカ・メイン州に引っ越してきて以来、作者が写真に撮った人達と長期的な関係性を築いてきた。この結びつきのおかげで、作品にはまるで家族の一員が撮ったと写真のような独特の親密さが流れている。メイン州の中部海岸に腰を据えている作者は、写真を撮るために旅行をする必要性を感じないという。

私にインスピレーションを与えてくれるものはほとんど全て自宅から数マイル以内にあります。時々私はメイン州を自分の里親のように感じます。心の底から居心地が良いわけではないし、いつまでたってもここが自分の故郷だと心から思うこともないとは思いますが、メイン州はいつも私に糧を与えてくれるのです。

Winter is always too long.
Put the plow on the truck, stay warm, take your meds.
Get through it any way you can.
Spring is mud. Summer, the stunning but brief reward.
Then the fall into winter again.

Gary Briechle has forged many long-term relationships with the people he has photographed since moving to Maine nearly 20 years ago. This gives his work a peculiar intimacy, as if the pictures were made by a family member. He lives and works in midcoast Maine and doesn’t see a need to travel to make photographs:

Most everything that inspires me is within a few miles of my home. Sometimes I think that Maine is like my foster family; I’m not really entirely comfortable and will probably never feel completely settled, but Maine keeps feeding me.

by Gary Briechle

REGULAR PRICE ¥7,400

hardcover
128 pages
197 x 254 mm
color
2018

published by TWIN PALMS PUBLISHERS