LUCHITA HURTADO by Hans Ulrich Obrist

ベネズエラ人アーティスト、ルチータ・ハルタード(Luchita Hurtado)の作品集。キュレーターであり、ロンドン「Serpentine Galleries」のアーティスティック・ディレクターのハンス・ウルリッヒ・オブリスト(Hans Ulrich Obrist)による著作。作者の魅力ある人生を祝して制作された本書は、ハンスとの対話や、スタジオの膨大なアーカイブから発掘された見たことのない写真や作品の膨大な資料を収録。テキストは、ベネズエラから始まり、ニューヨーク、メキシコ、そして1949年に移住したカリフォルニアに至るまでの作者の歴史を辿る。物語のこれらの章の間には、作者の視覚的な世界(自画像やエロティックな出会いのドローイングから、家族や自然界との情熱的な関わりの写真の記録まで )からの一連の引用が掲載。活気に満ち溢れた作者の人生をみせてくれる。

A celebration of Luchita Hurtado's (1920-2020) fascinating life, this book features an intimate conversation between the artist and Hans Ulrich Obrist alongside extensive material unearthed from the studio's vast archive of never-before-seen photographs and artworks. The text traces Hurtado's incredible biography from where it began in Venezuela, to New York, Mexico, and finally to California, where she settled in 1949. Punctuating these chapters of her story are a series of quotations from her visual world - from self-portraits and drawings of erotic encounters to photographic chronicles of her passionate engagement with family and the natural world - imparting the impressions of a life vibrantly lived.

by Hans Ulrich Obrist , Luchita Hurtado

REGULAR PRICE ¥7,700  (tax incl.)

hardcover
288 pages
165 x 227 mm
color, black and white
2021

published by HAUSER & WIRTH

published by WALTHER KÖNIG