LUC TUYMANS: CATALOGUE RAISONNÉ OF PAINTINGS VOLUME 3, 2007–2018 by Luc Tuymans

ベルギー人アーティスト、リュック・タイマンス(Luc Tuymans)の作品集。歴史やテクノロジーと絵画との関係を探究する作者のキャリアを包括的に記録したカタログ・レゾネの第3巻。2007年から2018年にかけて制作された作品約200点を収録する。

1990年代、作者は絵画の復活において重要な役割を果たしたが、その作品は色彩を抑え具象的で、静かで控えめであり、時に不穏な声が聞こえてくるようでもあり、また写真やビデオスチルなどの既存のイメージを用いて制作していた。本書では、モダニズムや絵画史に加え、宗教、起業化、文化的記憶といった様々なテーマを、作者が最も得意としながらも繊細に、しかし挑発的に表現する。

とりわけインターネットは、スクリーンと同様に作品の中心的存在になっており、現代におけるイメージというものを新たなスタイルへと導いている。絵画という伝統的な媒体を使い続けているにも関わらず、その作品群は極端に「メディア化」されており、画面から出る光のようなものが近年の絵画作品からは見出すことができる。

作品に加え、美術史家のエバ・マイヤー・ヘルマン(Eva Meyer-Hermann)による編集後記と、インスタレーションビュー、図版付きの年表も収録。本書は、あらゆるもののデジタル化が進む現代においてもなお、作者がその信念を貫き、絵画の重要性と妥当性を主張し続けている証であり、その存在はアーティストや研究者にとって指標であり続けている。

The third volume of the catalogue raisonné of Luc Tuymans’s paintings, surveying nearly two hundred works, charts the artist’s investigation into painting’s relationship to history and technology.

Tuymans is widely credited with having contributed to the revival of painting in the 1990s. His sparsely colored, figurative works speak in a quiet, restrained, and at times unsettling voice and are typically painted from preexisting imagery that includes photographs and video stills. The works in this volume, made between 2007 to 2018, show Tuymans at his most virtuosic, subtly but provocatively addressing a range of topics including religion, corporatization, and cultural memory, in addition to modernism and the history of painting. The internet, in particular, is central to these works as is the screen—leading to a new style of contemporary image. The works are mediatized to the nth degree, despite the artist’s continuous use of the traditional medium of painting. There is a certain kind of light that comes out of a screen, which can be found in Tuymans’s recent paintings.

This volume includes an editor’s note by Eva Meyer-Hermann and an illustrated chronology with archival images and installation views of the featured works. It also presents brilliant color reproductions of each painting from this period. This publication is a testament to Tuymans’s persistent assertion of the relevance and importance of painting—a conviction that he maintains even in today’s digital world, when his work continues to be a touchstone for artists and scholars.

by Luc Tuymans

REGULAR PRICE $190.00

hardcover in a slipcase
430 pages
232 x 305 mm
color
2019

published by DAVID ZWIRNER BOOKS