LITTLE PASSING THOUGHTS by Orfeo Tagiuri

アメリカ人アーティスト、オルフェオ・タジウリ(Orfeo Tagiuri)の作品集。日夜問わず、作者はいつも小さなノートに落書きをする。ドローイングを破り取っては、あまり出来が良くないとゴミ箱に捨てたり、楽しかった会話や思い出を残すために友人に贈ったり、自分と全く同じ感情や考えを抱いた見知らぬ人に売ったりする。作者が黒のペンで描くものは、普遍的な感情そのものであるからだ。本書はポケットサイズに作られており、350点以上ものドローイングが編纂されている。どこへでも持ち歩き、少し休みたい時、何かにインスピレーションを得た時、一息つきたい時にいつでも開いて欲しいという作者の願いが込められている。

ドローイングのひとつひとつが、思いついては流れてゆく思考の川から釣り上げたものです。どこからやってくるものなのかはわかりませんが、時々、時間をかけてやさしく掬い上げ、そこに置いておくことにしています。これを作り出すことはとても楽しく、気晴らしや瞑想の時間になります。そそれを感じ取ってもらえると嬉しいです」ーオルフェオ・タジウリ

Orfeo Tagiuri scribbles day and night on a small notebook. He tears away some of the drawings, to throw in the bin because they’re not good enough, to give away to friends — to have a laugh or to remember a moment — or to sell to a stranger who shared the exact same feeling or thought, for what Orfeo draws with a black pen are universal emotions. This pocket-sized book, compiling over 350 drawings, is meant to be carried everywhere and opened just when one needs to take a break, get inspired, and breathe.

Each of these drawings is fished out from the river of little passing thoughts. I don’t know where they come from but sometimes I take the time to gently scoop them up and set them down. They are a great joy, relief and meditation to make. I hope you can feel that” — Orfeo Tagiuri

by Orfeo Tagiuri

REGULAR PRICE $40.00

softcover
452 pages
100 x 140 mm
black and white
2023

published by CHOSE COMMUNE