LIAR LÜGNER by Ruth Erdt

スイスとベルリンを拠点に活動するフォトグラファー、ルース・エルト(Ruth Erdt)の作品集。嘘と嘘つきをテーマとし、親しい知人や、見知らぬ他人、風景写真を通じて、写真に根源的な真理があるとすれば、それは果たして何なのかを追求する。本書はモノクロとカラーの写真を一枚ずつ見開きの左右に配置したページ構成となっている。液体の中に沈んでいる、何かよく分からないが有機的な物体を写したモノクロ写真は、別のページではカラーになって再び登場する。このように、一つのイメージをカラーとモノクロの2つに変換して登場させるという「再演」が本書ではいたるところで行われている。デジタル写真と映像を中心に制作する作者が、本プロジェクトでイメージを動画から生成したのは、カメラの中に装填されたフィルムに届き、触れ、浸透する光こそ、写真の中の真実の最後の痕跡であるからだ。本書のページをめくると、これらのイメージを読み解き、隠されているリアリティを見つけるのに役立つような判断基準がほとんどないことに気づく。そしてこのことは、そもそも写真というメディアに誠実さを期待することができるかどうかという問いを投げかけている。

In LIAR / LÜGNER Ruth Erdt portrays lies and liars. The book is composed of analogue photography of Erdt's close acquaintances, unknown figures and landscapes; it questions what, if any, fundamental truth lies in photography. The publication is presented as an arrangement of single black and white and colour pictures interspersed with two-part spreads, which lead towards the central layout. Here a shot of a handful of organic material in liquid is presented in black and white on one page and in colour on the other, illustrating the reproduction that occurs throughout the book as the same prints are shown in and without colour. In her artistic practice Erdt works digitally and with film, and chose images made using the latter for this project because the light that reaches, touches and permeates film in the camera is the last vestige of truth in photography. Paging through LIAR the reader is given few reference points with which they can decipher where reality might be found in these images, leading them to wonder if authenticity can be expected from the medium of photography per se.

by Ruth Erdt

REGULAR PRICE ¥7,800

hardcover
192 pages
240 x 305 mm
color, black and white
2019

published by KODOJI PRESS