LEIPZIG HAUPTBAHNHOF 1981/82 by Helga Paris

ドイツ人フォトグラファー、ヘルガ・パリ(Helga Paris)の作品集。1970年代のライプツィヒの中央駅には、叶えられなかった夢への喪失感が漂っていた。電車は悲し気な音を立てて軋み、スピーカーから流れるアナウンスはあまりにも巨大な駅舎の中に消え、誰も聞いてはいなかった。それは簡素でうるさくて機械的な場所だった。旅客と駅職員は電車の発着に合わせて別々の部屋で待っていた。駅の食堂「ミトローパ」では、食べ終わった食器は自分で片づけなくてはいけなかった。そこにはありとあらゆる社会階層の人々が24時間集まっていた。作者の80枚のモノクロ写真の中でその情景は、時間が静止しているように見える。電車に乗ろうと急いでいる人はほとんど出てこない。時計はどこにもなく、誰もが何かを待っている。トイレの清掃員はシフトが終わるのを。宝くじの売り子の女性は一山当てようという次の客を。年金暮らしの老人は一杯のビールを。このシリーズで作者はごく普通の人々によって形作られている「永久に続く待合室の風景」という特殊な状況を優れた技量で描き出した。ドイツで最も重要な写真家の一人である作者は、1980年代に古い歴史を持つ街ハレが衰退していく様子を記録し、ドイツ民主共和国の終わりを予感させた写真集『Diva in Grau』で有名になった。

In the 1970s, Leipzig central station was an unfulfilled promise to the world. The trains creaked and squealed piteously and the loudspeaker announcements went unheard in the nirvana of the huge station hall. It was a simple, loud, mechanical place. Travellers and staff had settled themselves into the different rooms for arrivals and departures. In the Mitropa, where the dishes had to be cleared away by themselves, all the different social strata gathered together—for twenty-four hours. Time seems to stand still in Helga Paris’s eighty black-and-white photographs. Only rarely do you see anyone hurrying for a train. There are no clocks. Everyone is waiting: the toilet attendant for the end of her shift, the woman selling lottery tickets for the next person seeking to make their fortune, the pensioner for her beer. Helga Paris’s series is a masterful study of a particular milieu with unmistakable characters—the marginal figures define the scenery of the endless waiting room.Helga Paris (b. 1938) is one of the most important photographers in Germany. She made a name for herself with her volume Diva in Grau, in which she recorded the decline of Halle’s historic town centre in the 1980s, thus anticipating the end of the GDR.

by Helga Paris

REGULAR PRICE ¥3,500

hardcover
144 pages
140 x 180 mm    
black and white
2020

published by SPECTOR BOOKS