LE CORBUSIER: 5 x UNITÉ - MARSEILLE, NANTES, BERLIN, BRIEY, FIRMINY by Arthur Zalewski

ポーランド人フォトグラファー、アーサー・ザルスキー(Arthur Zalewski)の作品集。建築家のル・コルビュジエ(Le Corbusier)が設計した5つの集合住宅「ユニテ・ダビタシオン(Unité d'Habitation)」は、1945年から1967年にかけてマルセイユ、ルゼ(ナント)、ベルリン(シャルロッテンブルク)、ブリエ・アン・フォレ、フィルミニに建設された。戦後の深刻な住宅難を受けて、狭い土地に多くの戸数を確保できる多機能的マンションという新しいタイプの建物を開発した。ユニテ・ダビタシオンには屋上庭園に加え、幼稚園、映画館、薬局、スーパーといった都市生活に必要な施設が設けられている。プロトタイプは1952年にマルセイユに建設された。「垂直な都市」という画期的なアイデアは、都市計画の問題だけでなく社会的、美的、構造的な問題に対する全く新しい解決方法を提供し、世界中で盛んな議論が交わされた。アーサー・ザルスキーは、年を経てあちこち補修されてきた5つのユニテ・ダビタシオンを撮影した。この作品はピーター・オットマン(Peter Ottmann)のキュレーションにより、2019年4月から11月にベルリンに建つユニテ・ダビタシオン、別名「コルビュジエハウス(Corbusierhaus)」のC834 で開催された5つの展覧会で展示された。

Le Corbusier planned and built five Unités d’Habitation in Marseille, Rezé (Nantes), Berlin, Briey-en-Forêt, and Firminy in the period from 1945 to 1967. Owing to the acute shortage of housing after the war, he also developed a new type of building, a multifunctional block of flats that combined a large number of apartments on a small plot: the buildings included a roof landscape and other urban structures, such as a kindergarten, cinema, pharmacy, and grocery store. The prototype for the Unités was built in Marseille in 1952: its revolutionary idea of the vertical city offered entirely novel solutions to urban planning issues and social, aesthetic and structural questions, prompting intense international discussion. The five Unités, which are now in very different states of repair, have been photographed by Arthur Zalewski. Le Corbusier: 5 × Unité – Marseille, Nantes, Berlin, Briey, Firminy by Arthur Zalewski has been shown in five exhibitions, curated by Peter Ottmann, from April to November 2019 in C834 in the Corbusierhaus in Berlin.

by Arthur Zalewski

REGULAR PRICE ¥5,800

softcover
384 pages
210 x 290 mm    
color, black and white
2019

published by SPECTOR BOOKS