LA CRECIENTE by Alejandro Chaskielberg

アルゼンチン人フォトグラファー、アレハンドロ・チャスキエルベルグ(Alejandro Chaskielberg)の作品集。

新たな作品を見ること、発掘することに向けた私の貪欲さは飽くことを知らない。ブライトン・フォト・ ビエンナーレ2010が開催される時も誰の作品を展示しようかと考えていた。その時、アーティストのマルセロ・ブロドスキー( Marcelo Brodsky)が若いアルゼンチン人写真家たちに会うことを勧めてくれたのでこの好機に飛びついた。チャスキエルベルグの作品を3シリーズほど見るころには、この若者が有望な写真家の一人であると確信した。こんな写真は見たことがなかったし、何点かの作品は新人写真家の域を越え完成度が高かった。あるレベルで見れば彼の作品は単にブエノスアイレスの北のデルタ地帯であるパラナ川周辺の村落を記録したものだが、それ以上のものがそこにはある。全イメージは満月の夜の間に撮られているが、どのイメージも違和感なく一つの作品として融合されるように、どのようにフラッシュや電灯、ひいては月明かりを用いるか、被写体にどんなポーズをとってもらうか、といった徹底した技巧的な追求が彼の写真にはある。この写真家は、テーマと方法論を組み合わせながら説得力のある仕上がりになるよう作品を素晴らしい仕上がりに定着させている。そのため、観る者はテーマとスタイルの間にある細い境界線になかなか気づかないだろう。」-マーティン・パー

'My appetite to see and discover new work is insatiable, so when Marcelo Brodsky suggested that I meet some young Argentine photographers while I was considering who to show at the Brighton Photo Biennial for 2010, I jumped at this opportunity. By the time I had seen the third image in Chaskielberg’s folio I was convinced this was a major new photographer. I had never seen any images like this before and few with such maturity from a new photographer. On one level his work documents a rural community living on the banks of the Parana river delta. But there is so much more than this. All taken during the full moon, his photos are a virtuoso exploration of how flash, torches, moonlight and posed portraits all fuse together in a seamless manner. The photographer has combined subject and methodology so convincingly that you know he has resolved this brilliantly. So much so, you hardly notice the thin line between subject and style.' - From the Introduction by Martin Parr. 'La Creciente' is the sixth title in our popular series Parr/Nazraeli Series of Ten.

by Alejandro Chaskielberg

REGULAR PRICE ¥7,600

hardcover 
64 pages
313 x 290 mm
color
limited edition of 1,000 copies
2011

published by NAZRAELI PRESS