KAUSALKONSEQUENZ by Alicja Kwade

ポーランド人アーティスト、アリシア・クワデ(Alicja Kwade)の作品集。2020年9月から2021年8月までランゲン財団美術館で開催された、同世代のヴィジュアルアーティストの中でも最も重要な一人とされている作者による大規模個展に伴い刊行された。

ベルリンに拠点を置く作者は、安藤忠雄の名作である同美術館の建物と密接な関係性を築き、屋内と屋外の空間の対話を創出するために、その広大な敷地にまで広がる展覧会を構想した。

現実と社会の構造を見つめ、それに対して問いを投げかける作品には、我々が日常の中で繰り返す視覚的な習慣が反映されている。空間、時間、科学、哲学などの概念をベースに展開されるそ者の多彩な作品は、彫刻、パブリック・インスタレーション、映像、写真として姿を現す。

By engaging with the clear architecture of the Langen Foundation, Alicja Kwade has conceived an exhibition that extends well into the vast premises and emphasizes the transition between inside and outside. "When I encountered the building, I had a strong sense of horizontality and continuity; you only experience the architecture as you walk through it. For this reason, I almost exclusively show works that contain temporal intervals and develop in a sequence of different states." She tries to break these causal chains and make all works readable from both sides: everything is beginning and end and vice versa. The catalog created on the occasion of the exhibition Kausalkonsequenz is rather an object, a monolith reminiscent of the light concrete building. With installations in public space, sculptures, photography, video and sound, Alicja Kwade constantly questions how reality is perceived or accepted through social agreements.

by Alicja Kwade

REGULAR PRICE $48.00

hardcover
136 pages
240 x 330 mm
color, black and white
2020

published by WALTHER KÖNIG